靖江日语-日语童话故事:小伊达的花

「きのうは、あんなにきれいだったお花が、みんなしおれちゃったわ。ねえ、どうしてなの?」

 小さいイーダは、学生さんにたずねました。

 学生さんは、いつもおもしろい話をしてくれるので、イーダは大好きでした。

 「それはね、この花たちは夜中になると、みんなダンスパーティーにいったんだよ。それでおどり疲れて、頭をたれているのさ」

 「うそよ。花はダンスなんかできないわ」

 イーダがいうと、学生さんが答えました。

 「うそじゃない。あたりが暗くなって、人間たちが寝静まってしまうと、花たちはおどり回るんだ。花びらをチョウチョウみたいにはばたかせて、お城までおどりに飛んでいったりもするのさ。お城では、いちばん美しいバラの花が、王座にすわっているんだよ」

 「そうなのね、花たちはおどりくたびれて、ぐったりしていたのね」

 イーダは納得すると、その夜、花束を抱えて玩具部屋に行きました。

 それから人形のソフィーをベッドからどかすと、花束をベッドの中に横たえ、上から布団をかけてやりました。

 その晩、イーダはなかなか寝付けません。

 「あの花たち、今夜もダンスパーティーに出掛けるのかしら。それともおとなしくソフィーのベッドで寝ているかしら。心配だわ」

 すると、どこからかピアノの音が、かすかに聞こえはじめました。

「きっと、花たちのダンスが始まるんだわ」

 イーダはじっとしていられなくなって、べッドからぬけ出すと、そっとおもちゃベやの中をのぞきました。

 すると、へやの中は、まどからさしこむ月明かりで昼のように明るく、そのただ中には、花たちが二列に並んでいるではありませんか。

 やがて花たちは、たがいの葉をつなぎあって、輪をえがきながらおどりはじめます。

 特に、ヒヤシンスとチューリップのダンスは、すてきです。

 ピアノをひいているのは、黄色いユリの花でした。

 すると音楽につられて、引き出しの上に腰かけていた人形のソフィーまでもが、床に飛びおりると、おどりの輪の中にはいりはじめました。

「知らなかったわ。ソフィーちゃんも、お花のなかまだったなんて」

 イーダちゃんはおどろいて、つぶやきました。

 すると、広間のドアがさっと開いて、たくさんの花たちが踊りながら入ってきました。

 金の冠をかぶっている、二本のバラの花が、花の王樣とお妃様です。

 花の音楽隊が、エンドウ豆のラッパを吹き鳴らします。

 スミレ、スズラン、ヒナギク、サクラソウなども、みんな月明かりの下で、一晩中踊り明かしました。

 次の日の朝、イーダちゃんは目覚めると、すぐに花のところへ行きました。

 花たちは昨日よりも、ずっとしおれていました。

 イーダちゃんは、お人形のソフィーちゃんに話しかけました。

「あなた、わたしに何か、かくしていることはない?」

 でも、ソフィーちゃんは、何も答えてくれませんでした。

「・・・まあいいわ。お花さん、またきれいに咲いてちょうだいね」

 イーダちゃんはそう言って、しおれた花を、にわのかだんにうえてやりました