靖江日语-日语童话故事:阿里巴巴与四十大盗

むかしむかし、ぺルシアに、カシムとアリババという兄弟がおりました。

兄のカシムはお金持ちで、弟のアリババは貧乏(びんぼう)な木こりでした。

ある日、アリババがロバを連れて森へ行くと、馬の足音が聞こえてきました。

見ると馬に乗った男たちが、近づいてきます。

(おそろしい顔をしている。きっと、悪い奴らにちがいない)

アリババはロバを連れて、あわてて物かげにかくれました。

そっと数えると、男たちは四十人います。

やがて親方(おやかた)が、岩の前に立って言いました。

「ひらけ、ゴマ!」

すると岩が、スーと開いたのです。

男たちはほら穴の中に入ると、持っていた荷物を置いてまた出てきました。

「とじろ、ゴマ!」

親方がさけぶと、岩はスーと閉じました。

男たちは馬に乗ると、走り去って行きました。

「これはすごい、魔法の呪文で岩が動くんだ」

アリババは、さっそくまねをしてみました。

「ひらけ、ゴマ!」

さっきと同じように、岩がスーと開きました。

洞穴に入ったアリババは、目を見張りました。

「これはすごい!宝の山だ!そうか、ここは盗賊たちの宝のかくし場所なんだ」

アリババは金貨をロバにつむと、急いで家に帰りました。

その夜、アリババはカシムの家に、マスを借りに行きました。

(貧乏人が、何をはかるのだろう?)

そう思ったカシムは、マスのすみっこに、こっそりとのりをぬっておきました。

そしてアリババから返ってきたマスには、のりにくっついた金貨が一枚はりついていたのです。

カシムは、すぐにアリババの家に行きました。

「おい、この金貨をどこで手に入れたんだ!言わないと、役人に言いつけるぞ!」

仕方なくアリババは、宝のありかを教えました。

(これは良い事を聞いた。よし、その宝を一人じめにしてやろう)

カシムはロバを引いて岩山へ出かけて行くと、教えられた通りに、

「ひらけ、ゴマ!」

と、言いました。

スーと開いた岩の中に入って行くと、そこには目がくらみそうなほどの宝が山積みにされています。

「そうだ、岩のとびらを閉じてから、ゆっくりと袋につめ込もう」

カシムが岩の前で、

「とじろ、ゴマ!」

と、言うと、岩はスーと閉じました。

「よしよし、思う存分、宝をつめこむぞ」

カシムは夢中で、宝を袋につめ込みました。

ところが大変な事に、外に出ようと岩の前に立ったのですが、出るためのおまじないを忘れてしまったのです。

「ひらけ、マメ。・・・ひらけ、ムギ。・・・ひらけ、トウモロコシ。・・・ひらけ、カボチャ」

オロオロしているうちに、盗賊たちが戻って来てしまいました。

「こそ泥め、盗賊から泥棒するとは、とんでもないやつだ!」

カシムは怒った盗賊たちに、殺されてしまいました。