靖江日语-日语童话故事:为不存在的绵羊发生的争吵

むかしむかし、イギリスの村に、少し変わった人たちが住んでいました。

很久很久以前,英国的某个村子里住着些奇怪的人。

ある日の事、橋の上で二人の男がバッタリと出会いました。

有一天,两个男子在桥上偶遇。

「こんにちは。あなたはどこへ出かけるのかね?」一人が尋ねると、「この先の村に、ヒツジを十頭買いに行くのだよ」と、相手の男が答えました。

“你好。你这是要去哪里呀?”一个人这样问道。另一个人就回答到:“去前村买十只绵羊。”

「ふうん、ヒツジを買った帰りは、どこの道を通るの?」

“那么,绵羊买回来后经过哪条道呢?”

「もちろん、この道さ」すると男は、急に怒った様に言いました。

“当然是这条道了。”那男子突然有点生气得回答道。

「では、この橋を通るのだな。それは駄目だ。この橋にヒツジを連れて来られては、帰りにおれが通る邪魔になる。そんな事は許さないぞ!」

“那么,就要通过这座桥咯。那可不行。带着绵羊经过这座桥的话,就会成为我回来过桥时候的障碍。这种事情我绝对不会允许的!”

「何!この橋はお前だけの物ではないぞ。おれはきっと、ヒツジを連れてこの橋を通ってやる!」

“什么!这座桥可不是你一个人的东西。我一定要带着绵羊从这座桥上过!”

「いや、通らせるものか!」

“不,绝不会让你过的!”

「いや、通ってみせる!」

“不,一定要过!”

「いいや、絶対に通らせるものか!」

“不不不,绝对不会让你过的!”

やかましい!静かにしろ!お前がそんな大声で怒鳴ったら、おれのヒツジたちがビックリして橋の手すりを飛び越えて川へ落ちてしまうぞ!」

“你真烦!给我安静点!你这样大喊大叫的,我的绵羊会受惊越过桥的栏杆掉进河里去的!”

「そんな事、おれの知った事じゃない!」

“这种事,我可管不了!”

「馬鹿いえ、おれの大事なヒツジだぞ!」

“说什么蠢话,那是我的宝贝绵羊!”

「何と言っても、ここは渡らせない!」

“不管你怎么说,就不让你过!”

「いいや!渡ってみせる!」

“不不不!我一定要过过看!”

二人が言い争っているところへ、他の村の人がやって来ました。「おいおい、お前さんたち。なぜけんかをしているんだい?」

就在两个人争得不可开交的时候,邻村的人过来了:“喂喂,你们两在吵什么呀?”

「ああ、おれのヒツジたちを、通さないというからだよ」と、一人がけんかのを話すと、「ふーん。それで、そのヒツジはどこにいるんだい?」

“啊,他不让我的绵羊过去”一个人这样解释道。“呼。那么,所谓的绵羊在哪里呢?”

「へっ?・・・」「あっ、・・・」二人の男は、ヒツジがまだいない事に気がつきました。

“咦?・・・”“啊・・・”两人这才注意到没有绵羊。

「何だ、おれたちは、いないヒツジの事でけんかしていたのか」

“什么呀,我们原来是在为不存在的绵羊吵架啊。”

「本当だ。馬鹿馬鹿しい」

“真是蠢到家了。”

けんかを止めた二人は、そのまま橋を渡ってどこかへ行ってしまいました。

两人停止了吵架,就这样过了桥到哪里去了。