靖江日语-早安日语 第119课

方圆教育日语结合日本尖端语言教育的精华,凝聚了具有丰富教学经验的日语言教授专家和深厚日语功底的中国教师,为个人和企业实际了极具特色的应用日语口语课程,同时开设了丰富多彩的文化拓展课程、课外活动和全日语交友。

【早安日语】第119讲(进阶 第01课)

【会話】
男:ああ、あの屋台はたこ焼きを売っているんですか。
女:どれ。どの屋台ですか。
男:あのたこの絵が描いてある店です。行って見ましょう。
女:たこが一杯入ってて、美味しいですね。
男:たこ焼きはもともと大阪の名物なんですよ。大阪では、たいていどの家にも
一台たこ焼き機があるんですよ。お好み焼きもよく作ります。
女:お好み焼きですか。それはどんな食べ物ですか。
男:それはたこ焼きと似てるんですが、もっと大きくて、中にキャベツや豚肉を
入れて、鉄板で焼くんです。
女:ああ、あれですか。あれも大好きです。
男:ええ、あれも大阪の食べ物です。
【よみもの】
 大阪ではお好み焼きやたこ焼きをとてもよく食べるそうです。どちらもありふれた材料を使った簡単でおいしい食べ物なので、日本全国の家庭でもよく作られています。
 たこ焼きの材料は、小麦粉、卵、たこ、ねぎ、水、揚げ玉などです。卵、水、小麦粉を混ぜたものに味を付け、たこ焼き器に一つずつ流しいれます。そこに切ったたこやねぎ、揚げ玉を入れます。下のほうが焼けたら、一つずつひっくり返して、丸い形を作ります。たこ焼きができたら、上に鰹節や海苔をのせ、ソースをかけて食べます。
 お好み焼きは卵、水、小麦粉、おろした山芋などを混ぜて味を付けたものに、キャベツや豚肉などをたくさん入れ、鉄板で焼いて作ります。鰹節や海苔、紅しょうがをのせ、ソースやマヨネーズをかけて食べます。
 最近、台湾にもたこ焼きやお好み焼きの店や屋台が増えて、手軽に食べられるようになりました。大阪の名物はこれから台湾にも広まっていくでしょ。
お好み焼き(什锦煎饼)
今天的作业:翻译よみもの中任意两段文字吧~~
在大阪据说吃章鱼烧和什锦煎饼的非常多。无论哪一种食物都是用随手可得的材料,而且制作起来简单又好吃,所以日本全国的家庭里都经常做这些食物。
章鱼烧的材料有小麦粉、蛋、章鱼、葱、水、天渣等等。把蛋、水、小麦粉混合物加味,一个一个放入章鱼烧的器具里。在那里放入切好的章鱼、葱、天渣。当下面一层烤好后,就一个一个翻个面,做成圆形。章鱼烧做后好,上面放上柴鱼片和海苔,浇上酱汁吃。
什锦煎饼是把蛋、水、小麦粉、切碎的山药等等混合物加味,加入大量的高丽菜和猪肉等等,用铁板烧做出来的。加入柴鱼片和海苔、红姜,浇上酱汁和美乃滋吃。
最近,在台湾章鱼烧和什锦煎饼的路边摊增加了,变得很容易就吃到了。让大阪的名产从现在开始在台湾流行起来吧。
听说在大阪,什锦煎饼,章鱼烧等非常好吃。因为用料简单,易制作,所以,在日本家庭经常做来吃。 最近,即使在台湾,也增加了不少的什锦煎饼,章鱼烧等小吃店,到处都可以买来吃。看来从今以后,大阪的名小吃也会在台湾盛行起来吧。