靖江日语-早安日语 第137课

江方圆教育日语结合日本尖端语言教育的精华,凝聚了具有丰富教学经验的日语言教授专家和深厚日语功底的中国教师,为个人和企业实际了极具特色的应用日语口语课程,同时开设了丰富多彩的文化拓展课程、课外活动和全日语交友。

【早安日语】第137讲(进阶 第04课)

【読み物】
 こたつに入ってみかんを食べながら、テレビを見る。これは日本人の代表的な冬の過ごし方です。こたつは木を組んだやぐらの上に布団をかぶせて、机の板をのせて、中に暖房器具を入れたものです。こたつには掘りごたつと置きごたつの二種類があります。掘りごたつは、床を低く掘って中に暖房器具を入れます。足を伸ばしたまま、こたつに入ることができます。夏の間こたつを使わないときには、板をかぶせます。しかし、今ではより手軽な置ごたつを使う人の方が多いです。置きごたつには、やぐらの裏に暖房器具がついています。
 こたつは体を暖めることができますが、部屋全体を暖めることができません。ですから、北海道など非常に寒い地方ではあまり使いません。現在はヒーター、ストーブ、電気カーペットなど暖房器具の種類が多くなりました。しかし、こたつは家族が集まってくつろいで暖まる場所として、相変わらず人気があります。
  待在被炉里一边吃橘子,一边看电视,这正是日本人最具代表性的过冬方式。被炉是以木头为炉架,炉架上铺上厚棉被、放上桌板,里面再放入暖气装置所架构而成。被炉有分成坑式被炉和桌式被炉两种。坑式被炉是先在地板挖一个小坑后,再将暖气装置放入小坑中,坐下时只要将双脚自然伸展,就可以感受到暖炉的热气。而夏天期间,不使用被炉的时候,就会将地板上的小坑遮盖起来。然而,现在大部份的人大都使用较为轻便的桌式被炉。桌式被炉的木制炉架中,已附有暖气装置。
  被炉可以烘暖人的身体, 但却不能使整间房间变暖和。所以在北海道等非常寒冷的地方是不太使用被炉的。而现在暖气机、暖炉、电毯等暖气装置的种类也变多了,不过由于是全家聚集舒适地取暖的场所,所以被炉仍然还是日本冬季家庭的宠儿。
【解説】
动词连用形+ながら:表示同时进行二个动作。
动词连用形+方:表示一种方式、方法。
かぶせる:从上往下罩下来。
动词连用形+た+まま:表示就那样的意思。
より:这里的より是一个副词, 表示”更…什么”的意思。通常是指和其它的比较之下, 程度更强烈的情况。
として:连接名词, 表示以什么样的资格, 立场。
    日本代表として参加する。(以代表日本的资格参加)
    私としては賛成できない。(以我的立场来看我是不赞成的)
    それはそれとして、次の問題に移りましょう。(这些我们就不管他了, 我们进入下一
    个问题)