靖江日语-早安日语 第219课

江方圆教育日语结合日本尖端语言教育的精华,凝聚了具有丰富教学经验的日语言教授专家和深厚日语功底的中国教师,为个人和企业实际了极具特色的应用日语口语课程,同时开设了丰富多彩的文化拓展课程、课外活动和全日语交友。

【早安日语】第219讲(进阶 第14课)

【復讐】
男:鈴木さん、これはずいぶん大きな招き猫ですね。
  うちの子供がほしがっているんですが、売りものですか?
女:すみません、これは商品じゃないですよ。
  社長が日本から買ってこさせたんです。
  最近不景気でしょう、だから、
  招き猫おいてお客さんを呼ぼうっていうわけです。
男:そうなんですか。で、お客さんのほうは増えたんですか。
女:増えたことは増えたんですが、
男:それは千客万来、商売繁盛で結構ですね。
女:それが招き猫をほしがるお客さんばかりで、肝心の商売のほうは
男:いいじゃありませんか。お客さんは他の商品も見ていくから、きっとプラスになりますよ。
女:そうだといいですね。
【よみもの】
 「猫が客を招く」と言ういい方はもともと中国から来ました。唐の時代のある人は「猫が顔を洗う時、前足が耳の後ろを過ぎると客が来る」と書きました。これが日本に伝わり、「猫が顔を洗うと雨が降る」ということわざになりました。猫はとても敏感な動物で、天候のちょっとした変化や、客が来る気配を感じて、前足で顔を洗う動作をします。この動作が客を呼ぶように見えるのでしょう。
 日本には、福を招く猫についての伝説が数多くあります。その中で有名なのは、東京の豪徳寺の伝説です。豪徳寺は昔、とても貧しい小さなお寺でした。しかし、和尚さんは猫を大切にしていました。アル夕立の日。武士の一行が豪徳寺の側を通ると、猫が寺の入口で手を振っていました。そこで、武士たちが寺に入ると、外で雷が落ちる大きな音がしました。武士たちは猫に命を救われたと喜びました。この武士たちは地方の殿様の一行で、これがきっかけで、殿様は豪徳寺に先祖のお墓を移し、お寺は栄えました。
いろいろな伝説と古くからのことわざが元になって、焼き物の招き猫が作られるようになったのは、江戸時代の終わりごろだそうです。