靖江日语培训之文化百科-【文禄 慶長の役】

要说一口流利纯正的日语,可以选择靖江方圆教育日语,“方圆教育日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,并创多维高效日语教学模式。彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验

1-4人的全外教贵族小班 1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在老师的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和老师的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。 彻底抛弃原先大课堂满堂灌的固有模式,4人以下的贵族小班让你和外教充分的交流,针对你个人的级别和能力制定属于你的教案。同时能够巩固多媒体基础课中你接触到的知识。外教也会尽力回答你所遇到的任何有关日本语的问题,进行习题演练,基础知识巩固,口语会话课等内容。

【文禄 慶長の役】

(ぶんろくけいちょうのえき)
1592年(文禄1)から98年(慶長3)にかけ、豊臣{とよとみ}秀吉が明{みん}(中国)征服を目ざして朝鮮に兵を出した侵略戦争。この戦争の呼称について、朝鮮では当時の干支{かんし}をとって「壬辰{じんしん}?丁酉倭乱{ていゆうわらん}」とよび、明では宗属国朝鮮を守るという意味で「万暦{ばんれき}朝鮮の役」とよんでいる。これに対し日本では、その当時「唐入{からい}り」「高麗陣{こうらいじん}」などとよんだが、江戸時代に入り「征韓」とか「朝鮮征伐」とよぶようになった。近代に至って、朝鮮を植民地化の対象とみる考えが出てくると、「朝鮮征伐」という意識はいっそう高まった。また、日清{につしん}?日露戦争を「日清役」「日露役」とよぶ風潮に影響されてか、20世紀に入り、秀吉の引き起こしたこの戦争を、辺寨{へんさい}を征する「役」をつけ、「朝鮮役」「文禄?慶長の役」とよぶようになった。今日では「文禄?慶長の役」とともに「秀吉の朝鮮出兵」とよぶのが一般的であるが、事の本質からみて、「秀吉の朝鮮侵略」とよんだほうが正しい。