靖江日语培训之文化百科-【枯山水】

要说一口流利纯正的日语,可以选择靖江方圆教育日语,“方圆教育日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,并创多维高效日语教学模式。彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验

1-4人的全外教贵族小班 1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在老师的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和老师的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。 彻底抛弃原先大课堂满堂灌的固有模式,4人以下的贵族小班让你和外教充分的交流,针对你个人的级别和能力制定属于你的教案。同时能够巩固多媒体基础课中你接触到的知识。外教也会尽力回答你所遇到的任何有关日本语的问题,进行习题演练,基础知识巩固,口语会话课等内容。

【枯山水】

(かれさんすい)
庭園用語。この訓詁{くんこ}にはほかに五通りあり、〔1〕かれせんすい、〔2〕こざんすい、〔3〕ふるせんすい、〔4〕かれせんずい、〔5〕こせんずい、ともいうが、一般には「かれさんすい」がもっとも多く用いられている。水を用いないで、水のある表現の庭園をいい、わが国では飛鳥{あすか}?奈良時代のころから作庭されてきた。現在ではこの種の庭園を次の二つに大別する。(1)前期式枯山水 広い庭園の一部を枯山水にしたもので、南北朝時代までに多い。(2)後期式枯山水 全庭すべてを枯山水にしたもので、室町時代以降に現れる。平安期の『作庭記』では、「池もなくやり水もなき」所に「石をたつること」を枯山水といったが、この意匠が頂点を迎えるのが室町時代である。室町初期のころは抽象意匠が多く、中期から後期にかけては絵画的で具象的な枯山水が多く作庭された。また江戸初期の枯山水は、塀などの片側に寄せた、具象的な意匠が多い。