靖江日语培训之文化百科-【上杉憲実】

要说一口流利纯正的日语,可以选择靖江方圆教育日语,“方圆教育日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,并创多维高效日语教学模式。彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验

1-4人的全外教贵族小班 1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在老师的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和老师的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。 彻底抛弃原先大课堂满堂灌的固有模式,4人以下的贵族小班让你和外教充分的交流,针对你个人的级别和能力制定属于你的教案。同时能够巩固多媒体基础课中你接触到的知识。外教也会尽力回答你所遇到的任何有关日本语的问题,进行习题演练,基础知识巩固,口语会话课等内容。

【上杉憲実】

(うえすぎのりざね)
(1410―66)室町中期の武将。関東管領{かんれい}。越後{えちご}守護上杉房方{ふさかた}の子。山内{やまのうち}上杉憲基{のりもと}の養子となる。1419年(応永26)伊豆、上野{こうずけ}守護に補任{ぶにん}され、関東管領に就任した。四代将軍足利義持{あしかがよしもち}の死(1428)後、次期将軍を期待していた関東公方{くぼう}足利持氏{もちうじ}が、将軍の後継者となった義教{よしのり}を攻めんとしたとき、憲実はこれを諫止{かんし}した。以後幕府に反抗し続ける持氏をつねに諫{いさ}め、やがて持氏と憲実の間は不穏なものとなった。38年(永享10)持氏による憲実討伐の風聞に、憲実は領国上野へ出奔、幕府の命を受けて翌年持氏を自殺させた。やがて出家し(永享{えいきょう}12年3月以前)伊豆国清寺に籠居{ろうきよ}したが、幕命により俗界に復帰し、一時関東の政務をみた。その後鎌倉を去り諸国行脚{あんぎや}ののち、長門{ながと}(山口県)大寧寺{たいねいじ}で文正{ぶんしょう}元年閏{うるう}2月に没した。下野{しもつけ}(栃木県)の足利学校を再興している。