靖江日语培训之文化百科-【南学】

要说一口流利纯正的日语,可以选择靖江方圆教育日语,“方圆教育日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,并创多维高效日语教学模式。彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验

1-4人的全外教贵族小班 1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在老师的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和老师的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。 彻底抛弃原先大课堂满堂灌的固有模式,4人以下的贵族小班让你和外教充分的交流,针对你个人的级别和能力制定属于你的教案。同时能够巩固多媒体基础课中你接触到的知识。外教也会尽力回答你所遇到的任何有关日本语的问题,进行习题演练,基础知识巩固,口语会话课等内容。

【南学】

(なんがく)
近世初期、海南の地土佐{とさ}(高知県)に発達した宋学{そうがく}(朱子学)を南学(または海南学派)という。この地方における宋学の興起は、天文{てんぶん}年間(1532~55)、大内義隆{よしたか}の御伽衆{おとぎしゅう}であった南村梅軒{みなみむらばいけん}が土佐に移って弘岡{ひろおか}城主吉良宣経{きらのぶつね}に朱子学を教えたことに始まる。宣経の死後、梅軒の学は吸江庵{きゅうごうあん}の忍性{にんしょう}、宗安寺{そうあんじ}の如淵{じょえん}、雪蹊寺{せっけいじ}の天室{てんしつ}(天質)らの禅僧に受け継がれ、さらに天室門下の谷時中{たにじちゅう}によって世俗世界にもたらされた。その後、時中門下の野中兼山{けんざん}、小倉三省{おぐらさんせい}(1604―54)、山崎闇斎{あんさい}の手によって、南学は禅から完全に離れ、現実社会の実践的指導理念として土佐藩で力をもつに至った。小学{しょうがく}や文公家礼{ぶんこうかれい}の重視という点に日本の他の朱子学にみられない特色がある。兼山の失脚後この学派の人々は四散したが、谷秦山{しんざん}が出るに及んでまた土佐の地によみがえった。