靖江日语-早安日语 第267课

江方圆教育日语结合日本尖端语言教育的精华,凝聚了具有丰富教学经验的日语言教授专家和深厚日语功底的中国教师,为个人和企业实际了极具特色的应用日语口语课程,同时开设了丰富多彩的文化拓展课程、课外活动和全日语交友。

【早安日语】第267讲(进阶 第19课)

【会話と解説】
郭 :9月1日は防災訓練の日なんですか。
鈴木:ええ。80年ほど前、9月1日に関東大震災という大地震がありました。だから、今でもこの日に防災訓練をする学校や会社が多いんです。
郭 :日本は地震が多いですね。神戸の大地震の時はほんとうに大変でしたね。
鈴木:ええ。私はあの時京都にいましたが、揺れが大きくて怖かったですよ。万一のために、普段から備えることが大切だとつくづく感じました。
郭 :鈴木さんの家では、地震に備えて、どんなことをしているんですか。
鈴木:本棚やたんすなどが倒れないように、しっかり壁に止めておいたり、懐中電灯や食料を用意しておいたりしています。ところで、4年前の台湾中部大地震の被害もとても大きかったですね。
郭 :ええ。台湾にも火山帯がありますから、地震が多いんです。それに、台風が来て、毎年のように被害が出ます。このような自然災害を小さくするには、やはり日ごろの心構えが大切ですね。
鈴木:ええ。「備えあらば憂いなし」と言いますからね。
1、。。。ように:内容,避免什么要采取的手段,目的
 。。。ないように:
   先生におどされないようによく予習と復習をします。
   毎年のように
2、ておく:①预备事先做好什么②放置
3、備えあれば、憂いなし
   仮定条件:と、なら、たら
     真理,自然状况,諺:ば
【よみもの】
    日本は火山列島と呼ばれ、世界の活火山の十分の一がこの小さな日本に集まっています。火山帯のおかげで、富士山、阿蘇山のような美しい景色、そして日本中に温泉が湧くという自然に恵まれました。しかし、火山の噴火や、地震、津波などの自然災害にもたびたび襲われています。
    この千年間に、1000人以上が亡くなった地震は、32回ありました。10000人以上が亡くなった地震は、500年間に7回です。だいたい百年に一回は大地震に襲われているわけです。1995年1月に神戸で起きた大地震では、約6400人の方が亡くなり、戦後最大の地震災害になりました。もし東京や大阪などで大地震が起きれば、被害はもっと大きくなると予想されています。
    地震国・日本では、地震による災害の防止が重要な課題になっていて、さまざまな対策が採られています。「天才は忘れた頃にやってくる」という言葉があります。地震災害を小さくするためには、日ごろから一人一人が地震に備えることが大切です。