靖江日语-早安日语 第286课

江方圆教育日语结合日本尖端语言教育的精华,凝聚了具有丰富教学经验的日语言教授专家和深厚日语功底的中国教师,为个人和企业实际了极具特色的应用日语口语课程,同时开设了丰富多彩的文化拓展课程、课外活动和全日语交友。

【早安日语】第286讲(进阶 第21课)

【会話】
大崎:もうそろそろお正月ですね。どこか行くんですか。
清水:いいえ、今年は何も計画はないんですが。
大崎:じゃ大晦日は、自宅で紅白を見るんでしょう。
清水:そうしたいんですが、見られるかどうかもわからないんです。
大崎:えっ、どうしてですか。
清水:それが、その、いつ生まれるか、わからないんですよ。
大崎:ああ、奥さん、もうそんなになるんですか。じゃ、いろいろたいへんですね。
清水:ええ。新婚早々、掃除とか料理とかさせられそうですよ。
大崎:子供ができたら、家事の分担は当たり前ですよ。
清水:それに、引越しも考えているんです。部屋が狭いかなと思って……。
大崎:最初は狭くてもいいんですよ。子供が大きくなってから考えれば。
清水:それもそうですね。大崎さんはどうするんですか。
大崎:私は、ハワイに出かけようと思ってるんですが……。実はビデオが壊れちゃって……。紅白の録画を
         お願いできませんか。
清水:そんなことなら、お安い御用です。
大崎:じゃ、お言葉に甘えて。奥さん、どうぞお大事に。
【よみもの】
  2003年は日本でテレビの放送が正式に始まってちょうど50年です。50周年を記念して、NHKではさまざまな特別番組を放送中です。
  さて、この間に、最高の視聴率を記録したのはどの番組だと思いますか。それは紅白歌合戦です。ご存知のように紅白歌合戦は毎年大晦日に放送され、1963年の第14回大会は81.4%という数字を記録し、これは今まで破られていません。紅白歌合戦では、約4時間の番組の間に、男女それぞれ20数組の歌手が登場します。そのメンバーは、人気や実績、その年の活躍などを考えて選ばれます。歌手にとっては、紅白歌合戦に出場することが一流である証明になります。
  大晦日の夜に、自宅でテレビを見ているのと、NHKホールに招待されるのとでは、大きな違いがあるわけです。この番組も、60年代から80年代までは、毎年視聴率70%以上を記録していましたが、最近10年は、50%を下回ることが多くなりました。その理由としては、人々の音楽に対する好みや年末休暇の過ごし方が多様化したことなどが挙げられています。
      2003年正好是日本电视正式开播的第50个年头。为了庆祝开播50周年,NHK举办了各式各样的特别节目。
      那么在这50年间,你知道创下最高收视率的是哪个节目吗?那就是红白歌会。众所周知,红白歌会在每年的除夕夜播出,而1963年第14届红白歌会所创下的81.4%的收视率,至今未被打破。在红白歌会大约4个小时的节目中,有将近20组的男女歌手登场演出。这些歌手都是根据其当年的人气、成绩和活跃程度,经由慎重考虑之后被挑选出来的。作为歌手,能在红白歌会上出场就是一流的证明。
      除夕的晚上,在自己家里通过电视观看,或被邀请到NHK演出厅现场观赏红白歌会,效果是大不相同的。这个节目从60年代到80年代,每年都保持着70%以上的收视率,但近10来,却常常低于50%。究其原因,例如人们对于音乐的喜好以及度年假方式的多样化等都导致了收视率的下降。