靖江日语-早安日语 第294课

江方圆教育日语结合日本尖端语言教育的精华,凝聚了具有丰富教学经验的日语言教授专家和深厚日语功底的中国教师,为个人和企业实际了极具特色的应用日语口语课程,同时开设了丰富多彩的文化拓展课程、课外活动和全日语交友。

【早安日语】第294讲(进阶第22课)

【会話】
田中:郭さん、どうしたんですか。今日は何だかさえない顔をして……。
郭 :いやあ、実は、きのう課長と居酒屋に行って、飲みすぎちゃったんです。
田中:二日酔いですか。それなら、お茶を飲むといいですよ。どうぞ。
郭 :どうも。……ああ、頭がすっきりした。これ、日本茶ですか。
田中:ええ。煎茶です。
郭 :よくお茶は体にいいって言いますが、二日酔いにも効くんですね。
田中:ええ。最近の研究では、緑茶にはビタミンCも含まれているし、殺菌作用もあるし、健康にいいそうですね。
郭 :日本のお茶といえば、抹茶が有名ですね。
田中:抹茶はお茶の葉を粉にして飲むので、一番効き目があるんですよ。
郭 :そうですか。飲んだことはありますが、あれは苦くてどうも……。僕はペットボトルのお茶の飲料もよく買って
         います。
田中:私もです。砂糖のたくさん入ったジュースを飲むより、お茶を飲むほうが、何となく健康的だと思うんです。
郭 :つまり、伝統的なお茶は健康飲料として見直されているわけですね。
【重点提示】
今日は何だかさえない顔をして……。
~~をしている:这里并不表示在做什么,而是呈现出来的状态。
飲みすぎちゃったんです。
~~すぎる:表示太过度。
ちゃった:~てしまった的压缩音。只用在口语会话。
二日酔い:宿醉。
頭がすっきりした。
~~すっきりする:表示很清爽,或感觉很清澈(人的生理状况或情绪)。
~~より、~~ほうが:比较用法。
~~として:具有这样的资格,作为~~
~~見直す/~~直す:表示重新再来过,正视~~
【よみもの】
  日本で生産されるお茶は、ほぼすべて緑茶です。その製法はお茶の葉を蒸して作るものが多く、お茶の葉を釜で炒る中国の緑茶と異なり、独特の味わいがあります。日本茶には様々な種類があります。抹茶は、木に覆いをかけて育てたお茶の葉を、ひいて粉にして、泡立てて飲むもので、茶道で使われます。お茶が日本に伝わってから、江戸時代に煎茶の製法が生まれるまで、お茶と言えば、主に抹茶を指しました。昔はお茶が貴重品で、一般の人はあまり飲みませんでした。
  現在の日常生活では、抹茶よりも葉茶の方がよく飲まれています。葉茶には、煎茶、玉露、番茶、玄米茶などがあります。煎茶はお湯を注ぐだけで手軽に飲めるため、広く普及しました。現在煎茶は最も多く生産され、日本茶の代表と言えます。玉露は抹茶と同じような方法で育てた高級茶です。番茶の製法は煎茶と同じですが、煎茶より大きく硬い葉を使います。玄米茶は煎茶や番茶に炒った米などを入れたもので、香ばしい味わいがあります。
  在日本生产的茶,几乎全都是绿茶。制作方法是以茶叶蒸过后制成的居多,与把茶叶放在锅里炒的中国绿茶是不同的,有它独特的味道。在日本茶里面有各种各样不同的种类。