靖江日语-早安日语 第295课

江方圆教育日语结合日本尖端语言教育的精华,凝聚了具有丰富教学经验的日语言教授专家和深厚日语功底的中国教师,为个人和企业实际了极具特色的应用日语口语课程,同时开设了丰富多彩的文化拓展课程、课外活动和全日语交友。

【早安日语】第295讲(进阶第22课)

【よみもの】
   日本で生産されるお茶は、ほぼすべて緑茶です。その製法はお茶の葉を蒸して作るものが多く、お茶の葉を釜で炒る中国の緑茶と異なり、独特の味わいがあります。日本茶には様々な種類があります。抹茶は、木に覆いをかけて育てたお茶の葉を、ひいて粉にして、泡立てて飲むもので、茶道で使われます。お茶が日本に伝わってから、江戸時代に煎茶の製法が生まれるまで、お茶と言えば、主に抹茶を指しました。昔はお茶が貴重品で、一般の人はあまり飲みませんでした。
   現在の日常生活では、抹茶よりも葉茶の方がよく飲まれています。葉茶には、煎茶、玉露、番茶、玄米茶などがあります。煎茶はお湯を注ぐだけで手軽に飲めるため、広く普及しました。現在煎茶は最も多く生産され、日本茶の代表と言えます。玉露は抹茶と同じような方法で育てた高級茶です。番茶の製法は煎茶と同じですが、煎茶より大きく硬い葉を使います。玄米茶は煎茶や番茶に炒った米などを入れたもので、香ばしい味わいがあります。
       在日本生产的茶,大概几乎都是绿茶。制作的方法是将茶叶蒸制而成的为多,和放在大锅中烘炒的中国绿茶不同,具有独特的滋味。日本茶有各式各样的种类,像抹茶,由于是将在木头上搭盖遮蔽物来培育而成的茶叶磨成粉,再泡来喝的茶,使用于茶道。——译文回复可见——。从前茶是贵重物品,一般人不太喝。
  现在的日常生活中,比起抹茶,人较常喝将茶叶泡开的茶。将茶叶泡开的茶有煎茶、玉露、番茶、玄米茶等。由于煎茶只要冲入热水便可以很轻易地喝到,所以很普及。现在煎茶是目前生产最多的茶,可说是日本茶的代表。而玉露是和抹茶用同样的方法培育出来的高级茶;番茶的作法和煎茶相同,不过用的是比煎茶还要大、还要硬的茶叶;玄米茶是将煎茶或番茶加上烘炒过的米等所制成的,因此有一股芳香的味道。