靖江日语培训之文化百科-【承和の変】

要说一口流利纯正的日语,可以选择靖江方圆教育日语,“方圆教育日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,并创多维高效日语教学模式。彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验

1-4人的全外教贵族小班 1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在老师的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和老师的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。 彻底抛弃原先大课堂满堂灌的固有模式,4人以下的贵族小班让你和外教充分的交流,针对你个人的级别和能力制定属于你的教案。同时能够巩固多媒体基础课中你接触到的知识。外教也会尽力回答你所遇到的任何有关日本语的问题,进行习题演练,基础知识巩固,口语会话课等内容。

【承和の変】
(じょうわのへん)

平安前期に起こった謀反事件。第54代仁明天皇は淳和上皇皇子恒貞親王を皇太子にたてていたが、藤原良房は、その妹順子の所生である仁明天皇皇子道康親王(第55代文徳天皇)の立太子を画策していた。この形勢を察した恒貞親王は皇太子を辞する意志を表明したが、天皇、上皇により慰撫されていた。こうした状況下で842年(承和9)7月、嵯峨上皇崩御の2日後、春宮坊帯刀伴健岑、但馬守橘逸勢らによる、皇太子を奉じて東国に赴こうとする謀反が発覚した。その発端は、謀主にされかかった阿保親王が密書をもって太皇太后橘嘉智子に告げたことにあり、健岑、逸勢らは逮捕され、恒貞親王は皇太子を廃され、大納言以下六十余人が連座した。健岑らに謀反の意図はあったらしいが、廃太子の理由はあいまいであり、道康親王を皇儲にしようとした良房の陰謀の疑いが濃く、同年8月に道康親王が立太子し、良房は女を皇太子妃とし、皇室との関係を深めた。