靖江日语培训之文化百科-【小野妹子】

要说一口流利纯正的日语,可以选择靖江方圆教育日语,“方圆教育日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,并创多维高效日语教学模式。彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验

1-4人的全外教贵族小班 1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在老师的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和老师的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。 彻底抛弃原先大课堂满堂灌的固有模式,4人以下的贵族小班让你和外教充分的交流,针对你个人的级别和能力制定属于你的教案。同时能够巩固多媒体基础课中你接触到的知识。外教也会尽力回答你所遇到的任何有关日本语的问题,进行习题演练,基础知识巩固,口语会话课等内容。

小野妹子】
(おののいもこ)

飛鳥時代の遣隋使。隋では「小妹子」を字音でいいかえ蘇因高とよんだ。607年(推古天皇15)聖徳太子が隋と国交するにあたり、第1回遣隋使となり通訳鞍作福利{くらつくりのふくり}を従えて渡海した。『隋書』倭国伝に「大業三年(607)、其ノ王多利思比孤(聖徳太子)、使ヲ遣シテ朝貢ス」とあり、朝廷の使者は「聞ク、海西ノ菩薩{ぼさつ}天子、重ネテ仏法ヲ興スト。故ニ遣シテ朝拝セシメ、兼ネテ沙門{しやもん}数十人、来ッテ仏法ヲ学ブ」と述べたとあるので、小野妹子は学問僧数十人を伴っていたのである。また国書に「日出ズル処ノ天子、書ヲ日没スル処ノ天子に致ス。恙{つつが}無キヤ」とあったので、煬帝{ようだい}はこれをみて悦{よろこ}ばず、鴻臚卿{こうろけい}に「蛮夷{ばんい}ノ書、無礼ナル者有リ。復{ま}タ以{も}ッテ聞スル勿{なか}レ」といったという。翌年隋使裴世清{はいせいせい}を連れて帰朝したが、煬帝からの国書は百済{くだら}人に奪い取られたと称して献上しなかった。そのため群臣議して妹子の責任を問い、流刑に処すべきだとしたが、推古{すいこ}天皇は妹子の書を失う罪を許した。608年9月、裴世清の帰国に際し、ふたたび大使となり、小使吉士雄成{きしのおなり}、通事鞍作福利とともに隋に渡った。僧旻{そうみん}、高向玄理{たかむこのくろまろ}、南淵請安{みなみぶちのしようあん}らの学問僧、留学生も入隋した。妹子らは翌年9月に帰朝したが、福利のみは帰国しなかった。その後、妹子は大礼から大徳冠に昇進したらしい。