靖江日语培训之文化百科-【推古天皇】

要说一口流利纯正的日语,可以选择靖江方圆教育日语,“方圆教育日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,并创多维高效日语教学模式。彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验

1-4人的全外教贵族小班 1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在老师的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和老师的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。 彻底抛弃原先大课堂满堂灌的固有模式,4人以下的贵族小班让你和外教充分的交流,针对你个人的级别和能力制定属于你的教案。同时能够巩固多媒体基础课中你接触到的知识。外教也会尽力回答你所遇到的任何有关日本语的问题,进行习题演练,基础知识巩固,口语会话课等内容。

【新嘗祭】
(にいなめのまつり)

稲の収穫を祝い、豊穣を祈る式典。「しんじょうさい」ともいう。その年の新穀を天神地祇に献供するとともに、天皇自ら食す行事で、宮中神嘉殿で行われた。11月の中または下の丑、寅、卯、辰の日にわたって行われ、卯の日が新嘗祭、辰の日が豊明節会である。丑、寅の両日には豊明節会に舞う五節舞姫の帳台の試(下稽古)、御前の試などが行われた。五節舞姫は4人構成で、公卿の娘2人、国司の娘2人が舞う。丑の日は天皇が常寧殿の帳台に参る舞姫をご覧になり、翌寅の日の御前の試には、舞姫を清涼殿に召してご覧になる。この日、殿上の淵酔と称して清涼殿で公卿などに酒を賜り、朗詠、今様などをうたう。卯の日は童女御覧。その夜が新嘗祭。翌辰の日が豊明節会。天皇は豊楽院あるいは紫宸殿に出御する。天皇には新穀の御膳を供し、群臣にも賜り、白酒?黒酒が出される。一献?国栖奏、二献?御酒勅使、三献で五節舞が行われる。大歌所の別当の大歌につれて舞姫が舞台にあがり、五たび袖を翻して舞う。帳台の試、御前の試、童女御覧などはこの日のための予行にすぎない。この儀式は、天皇即位の大嘗会と同じ方法で行う厳粛なものである。