靖江日语培训之日语笑话– 也说"洗手不干"

要说一口流利纯正的日语,可以选择靖江方圆教育日语,“方圆教育日语”基于中国人日语学习的思维习惯,融合先进多媒体日语教学产品,并创多维高效日语教学模式。彻底解决传统日语学习的难题。给您全新的日语学习体验

1-4人的全外教贵族小班 1-4人的全外教贵族小班让您深入接触日语的精髓。在老师的亲切授课中,得到更多的延伸知识,在和老师的交流和沟通之中,充分的进行日语会话。 彻底抛弃原先大课堂满堂灌的固有模式,4人以下的贵族小班让你和外教充分的交流,针对你个人的级别和能力制定属于你的教案。同时能够巩固多媒体基础课中你接触到的知识。外教也会尽力回答你所遇到的任何有关日本语的问题,进行习题演练,基础知识巩固,口语会话课等内容。

世の中、顔と名前が一致しないことがあります。

電車の中で背広姿の紳士に挨拶されて、顔はよく見るけど、その人がどこの誰だか思い出せない、ということがありました。翌日、駅で制服を着て、赤いラインの帽子をかぶっていて「駅長」だと気づきました。職業上の制服と私服など、間違いのもとです。

ある時、恥をかいたことがあります。

会社の部長と歩いていると、知り合いの人に、ばったり出会い、

「いや、どうもご無沙汰しております。お世話になりっぱなしでどうも。」

と挨拶されました。私は誰だか思い出せません。

部長は、ニコニコしながら、

「須藤君、どちらさんでしたっけ。」

こちらは、確か取引先のそれも古い担当者だった、としか覚えておりません。おどおどしていると、「随分前ですが、こちらのほうへ変わりまして。」

と名刺を出され、ことなきを得ました。

この後、部長に面白い方法を教わりました。部長は、大勢の部下を持っていますが、一人一人覚えているわけではありません。

「部長お元気ですか、ご無沙汰いたしております。」といわれると、即座に

「いやーしばらく、ところで名前はなんといったっけ。」

部下は名前を忘れられたことに気を悪くし、

「私、どこどこの山田です。」

というと、部長は切り替えします。

「山田君知っているさ。名前だよ、名前のほうはなんだったっけ。」

「二郎です。山田二郎です。」

「そうだそうだ二郎君だった。うんそうだった。」

中译文:

日语中,说一个人改邪归正时就说:“洗净脚”(相当于汉语的“洗手不干”)。

这在饰演流氓黑社会的电影中是个屡见不鲜的台词。

但是,“洗净脚”这种说法却源于佛教。从前,印度的僧人终日赤脚托钵行走。

因此,回到寺院里,脚上已沾满了污泥。洗净这双脏脚,达到身心清静的境界这是一天之中的最后一项功课。这种严肃的宗教行为却在不知不觉间演化为这样一个意思:

即说一个人从邪恶中自拔改邪归正。

现在,单指改变工作行当时,或形容重新振做起来的这种情况,也说:“洗手不干,重打锣鼓另开张。”