靖江日语-日本风情文化–日本男女“想要几个小孩”?

核心提示:1位は男女ともに「2人」で、順位に関してはギャップなしという結果。しかし今回は「順位のギャップ」よりも、各順位における「パーセンテージの男女ギャップ」に注目したい

1位は男女ともに「2人」で、順位に関してはギャップなしという結果。しかし今回は「順位のギャップ」よりも、各順位における「パーセンテージの男女ギャップ」に注目したい。「1人」は男性が6ポイント上回り、「0人」では女性が4ポイント上回った。

男女各自票数最多的皆为“2人”,在排名上也无差异。然而,比起“排名上的差异”,更应注意到得是各个选项中“男女百分比上的差异”,在选择“一个人”上男性比女性多出了6%,而在选择“不生孩子”上则是女性多于男性4%。

「1人」をチェックした人は、やはり経済的な理由が大きい。内閣府が発表した「国民生活白書」(平成17年版)によると、子ども1人を21歳まで育てる費用はおよそ1300万円。もちろん「上」は青天井だ。今回は未婚の男女に質問しており、特に男性の方が育児に対して経済的な不安を感じる人の割合が多いのだろう。「子どもはほしいけど、その前にオレの将来が不安だっつーの」が正直なところか。

选择“1人”的大多与经济状况有关。据日本内阁在“国民生活白皮书”(2000年版)上发表的内容称自孩子1岁至21岁期间需要花费1300万日元。当然,这个费用是没有具体限度的。这次是在未婚男女中做的调查,结果显示尤其是男性在育儿问题上抱有对经济状况不安的比例较大。他们也坦白称:“虽然想要孩子,但在这之前我自己的将来还不稳定啊~!”

逆に「0人」では女性が多い。「仕事を続けるうえで子育てが負担になる」と感じる女性が多いようで、これは男性が育児に積極的に関わる文化や、社会的な受け入れ体勢が日本ではまだまだ整っていないことなどが理由として考えられる。男性の育児休暇…確かにちょっと勇気が必要かも…。

相反,选择“不生孩子“的女性较多。很多女性认为“要维持工作的话育儿将会成为负担。”由此可以考虑到,在日本,有关男性积极参与育儿工作相关的文化和社会性的接纳姿势还未健全。“男性的育儿休假”。。。确实是需要点勇气的。。。

ちなみにフランスでは、手当支給や優遇措置などの対策によって出生率がグングン上がったとか。経済的にも社会的にも安心して子どもを生み、育てられる環境を希望します。

另外,在法国,由于津贴补助和优待措施等的对策使得出生率一下子大幅度增长。希望日本无论在经济方面还是社会方面都能创造安心生儿、养育的环境。