靖江日语-日本风情文化–在日本职场 如何交换名片

1 ポジションが一番上の人から順番に名刺交換を行う

  両方のポジションが一番上の人から名刺交換を初め、順番に並んで名刺交換します。
  1 从地位最高的人开始按顺序交换名片
  由双方地位最高的人开始,按顺序交换名片。
  2 名刺は目下の人から出すのがルール
  名刺は目下の人から先にお渡しし、目上の人はそれを受け取ってから自分の名刺を出すのが順序。万が一、目上の人に先に出されてしまったら、「遅れまして申し訳ございません」と断って受け取り、すぐに自分の名刺をお渡しします。同時に出してしまった場合は、目上の人が受け取るのを待って、相手からもらうようにします。
  他社を訪問した場合は、「おじゃまします」という意味から、訪れた側から先に出します。ただし、訪問者が明らかに目上の人であった場合は、訪ねられた側が先に出すぺきでしょう。
  2 名片应由下级先递出
  下级要先递名片,上级则在接受了下级的名片之后再拿出自己的名片,这是名片的交换顺序。如果上级先拿出了名片,下级则应先说“非常抱歉,我迟了一步”之后再接受,然后马上把自己的名片递上去。如果是同时拿出来了,则先等上级拿了自己的名片之后再接受上级的名片。
  访问别的公司时,由于是“打扰”了对方,因此由访问的人先拿出名片。但如果访问者显然是上级时,则应由被访问者先拿出名片。
  3 着席していても、名刺交換の際は必ず立ち上がって
  なるべく両手で差し出し、両手で受け取りたいですが、片手でも姿勢良く受け渡せば失礼にはなりません。右手で名刺の端を軽く持ち、相手の胸より下の位置で手渡します。
  名刺を渡しながら、「よろしくお願いいたします」と言い、自分の社名や氏名を名乗れば、いっそう礼にかなって良い印象を与えることができるでしょう。
  万が一、名刺を切らしていたり、忘れたりしていたら、丁重に非礼をわびて、次回に改めてお渡しすることを付け加えます。
  3 即使已就座,交换名片时也必须站起来
  尽可能用双手递交名片、接受名片,不过如果用一只手也能姿势优雅地交换名片的话,也不算失礼。用右手轻轻拿住名片的一角,递到对方胸部稍下的位置。
  在递交名片的同时,要说“请多关照”,如果能主动报出公司名以及自己的姓名的话,就更加符合礼节,一定能够给对方留下一个好印象。
  万一名片正好用光,或忘带了,则一定要诚恳地道歉,并说明下次会重新送上名片。
  4 受け取った名刺を確認する
  頂いた名刺をすぐにしまい込んでしまうのは失礼となります。
  裏面も確認し、お名前の読み方がわからなければ、この時にきちんと伺っておきます。
  できることなら、名刺をテーブルに置き、会話の中にできるだけ相手のお名前を入れるようにして、その場でお名前を覚えてしまいましょう。ただし、いつまでもテーブルの上に放置するような感じにならないように注意したいものです。
  4 确认接受的名片
  接到名片后立刻收起来是失礼的。
  连名片的背面也要确认,如果不懂名字的读音,一定要在当时就问明白。
  如果可以的话,将名片放在桌子上,在会谈中尽可能地说出对方的名字,并当场就记住名字。但需要注意的是,不要让人认为将名片一直放在桌子上弃之不理了。
  5 名刺を大切にする
  名刺は大切にし、名刺入れに入れて綺麗に保管します。自分の名刺に汚れが入っていたり、相手の名刺を大切に扱わないと嫌われます。
  5 珍惜名片
  要珍惜名片,放到名片夹里干干净净地保管。如果你的名片脏了,或不珍惜对方的名片,会惹人厌恶的。
  6 相手の情報は忘れないうちに
  頂いた名刺は、人脈づくりの上で貴重なデータベースになります。
  できれば印象が薄れないうちに、名刺の裏にでも特徴的なこと、趣味、出身校などを書いておくといいでしょう。次回は、お会いする前に、事前に名刺を確認するだけでその人の情報がつかめるにこしたことはありません。
  6 在还没有忘记对方信息时
  收到的名片将成为人际关系中宝贵的数据库。
  尽量在印象还没有淡忘之前,在名片背面之类的地方写下对方的特征、兴趣、毕业学校等信息就更好了。下次再见面之前,只要确认名片就能掌握对方的信息。