靖江日语-日本风情文化–跳槽勿失时机 慎重行事

核心提示:転職はタイミングを失わず、慎重に 跳槽勿失时机,应慎重行事 最初の転職のタイミングは新卒で就職して経験が3~5年、年令が26~29才のこの時期は、最初の転職の最適期

 転職はタイミングを失わず、慎重に

跳槽勿失时机,应慎重行事

最初の転職のタイミングは新卒で就職して経験が3~5年、年令が26~29才のこの時期は、最初の転職の最適期です。ある程度社会人として、ビジネスパーソンとしての基本も覚え、仕事もひと通りできるようになった時期です。企業もこの年代の人を最も好んでいます。

第一次跳槽最好在毕业后工作3~5年、26~29岁时最为适合。这时一定程度上算是社会人士了,也学会了商务人士的基础,工作也大致能独当一面。这样的人才最受公司青睐。

その時期に、もう少し上流工程を開発したい、もう少し幅広いシステムのソリューション営業をしたい、または会社事業内容を良く判らず入社したが、2次3次の受託開発ばかりでこれでは将来業務知識がつかない・・・等を考えます。

这时候会考虑,想开发更多高级程序,想做更大范围的业务系统,或者进公司时不怎么清楚公司业务内容,仅受2、3次委托开发,就这样将来可没办法增加业务知识量,等等。

現職に疑問を思ったら是非この時期に最初の転職を考え実行して頂きたいと思います。毎月多くの転職希望者と面談をさせて頂いておりますが、この転職のタイミングを失って転職の相談に見えられる方も多くいます。その時はつくづく後2年早く、3年早く来てくれれば、と悔やむ思いをします。

当对现职存疑的时候,请务必考虑初次跳槽并付诸行动。每月都有众多想跳槽的人找我商量,其中很多都因错过时机而无果而终。很多痛感若能早2、3年来就好了,都后悔非常。

理由は企業が採用するのはあくまでも経験者であり即戦力です。しかも、それは年令相応の経験をもとめます。例えばソフト開発者が上流工程を経験できないから転職しようとしても、32才の転職ではその経験不足を理由に転職ができません。しかし27才ならまだ可能です。前職の欠点を補う為の転職も逆にそれを経験していない事が理由で書類選考が通らなくなるという事が起こるのです。忙しさに紛れてずるずると遅れないように、タイミングを逸しないように行動を起こしましょう。

说到底公司录取的多是有经验、可立刻派上用场的人。还需要与年龄相应的经验。比如软件开发人员如果没能开发高级程序,即使32岁想跳槽也会因经验不足而被拒之门外。但是27岁的话还有可能。为弥补以前工作的不足而跳槽,反而也会因无经验,在简历遴选时被刷掉。请不要因工作忙碌而迟迟不动作,坐失时机,务必要付诸行动。

しかし転職は慎重にして欲しいと思います。短期転職が多いために書類選考が通過しなくなった方を多く経験しています。その多くの人が1回目までは長く、例えば4年勤務しています。しかしその後1年毎に3回も転職と言う方を多く見かけます。これは1回転職する事により、「転職」と言うハードルの高さが相対的に低くなってしまっているのではないでしょうか?しかも1年程度の勤務で2回目も成功すると次々と転職を重ねてしまうこの様なパターンがあります。結果は4回目で全く書類が通過しない、というような事が起ります。

不过跳槽也要谨慎。很多人因频繁跳槽在简历遴选时即被刷掉。其中大多数第一次跳之前要做的久一点,比如干4年。但是之后很多每年会跳个3次槽。有过1次经历后,“跳槽”的门槛就相应变低了吧?而且,干了一年左右后,第二次跳槽又成功了,于是就不断跳槽,形成一种模式。最后到第4次连简历遴选都通不过了。

キャリアアップといえどもやはり転職は慎重にして頂きたいと思います。じっくり考え、そしてタイミングを逸せず!そして次の転職はさらに慎重に!

提升事业固然重要,但跳槽也需慎重行事。认真思考,勿失时机!下次跳槽则要更加谨慎!