靖江日语-日本风情文化–失落时拯救你的一句话

核心提示:秋空を眺めていると、ちょっぴり切ない。会社の上司や友達、恋人との関係を思い出して落ち込んじゃう。そんな時、友達や本の言葉で救われたことはありませんか? 心にぐっとき

   秋空を眺めていると、ちょっぴり切ない。会社の上司や友達、恋人との関係を思い出して落ち込んじゃう……。そんな時、友達や本の言葉で救われたことはありませんか? 心にぐっときて、忘れられない言葉。

  眺望秋空(まあ。。。今は春だけど),真让人胸口发闷。一想到公司的上司、朋友、以及和恋人的关系,还真让人失落……这种时候,你有过被朋友说的话或书上的话语拯救的经历呢?那些让人心头一热,无法忘却的语言。
  ————————————————————————————————————–
  ■「人間はみんなそれぞれで、仲間がいて自分がいる。自分が生きているのには、必ず意味があるんだよ」(27歳/主婦)
  「20歳の時、就職活動と恋愛問題などのストレスのせいで、友達との関係も微妙に。そのときに年上の友達が、絵本『葉っぱのフレディ』の中の言葉をメールで送ってくれました。感動して、この絵本は大人になった今も本棚にあります」
  ■“人各有不同,有朋友,有自己。自己活着必有其意义”(27岁、主妇)
  “20岁的时候,因求职和恋爱等问题造成的压力,和朋友间的关系变得比较微妙。那时朋友把《树叶的弗瑞迪》中的话用短信发给我。我看后很感动,如今长大了那本绘本也还放在书架上”
  ■「誰とでもうまくやれる人なんていない。でも、その代わり、誰でもピタッとおさまる場所がある。まだそこを見つけてないだけなんだよ」(29歳/イラストレーター)
  「自分が自己中心的なせいで、周りの人を嫌な気持ちにさせてしまい悩んでいたら、友達がくれた言葉です。当たり前なんだけど、救われた気がしたんです」
  ■“没人能和所有人都配合好。但是,相对应的任何人都有适合自己的安定场所,只是还没发现而已”(29岁、插画家)
  “我比较个人中心主义,被周围的人厌恶,正烦恼的时候,朋友如此对我说。尽管是理所当然的事情,但当时有种得救的感觉”
  ■「あなたから“前向き”をとったら何が残るの?」(28歳/編集)
  「すっごく好きな人にもう会えないと振られたときに、酔っぱらった(笑)男友達に言われました。さらに、『人が本気で心配してくれているかよりも、その受け取った言葉を自分がどう感じるかだ』と言われ、そのおかげで吹っ切れて元気になれました」
  ■“你除了‘积极’还有什么呢?”(28岁、编辑)
  “最喜欢的人提出分手,说以后不要再见面了,那时醉醺醺(笑)的男性朋友这么说。还说‘与其担心别人是否真的担心自己,不如想想该如何看待别人对自己说的话’,听后让人精神爽快,又有干劲了”