靖江日语-日本风情文化–《change》懂礼貌的日本强盗

核心提示:不知道是不是从小明白拿了人家东西要说谢谢,最近日本强盗在抢劫后对被害者说谢谢的案件不断增加,由于手法相似,警察怀疑是同一人作案。 案件经过: 前日、大阪市西成区太子

   不知道是不是从小明白拿了人家东西要说“谢谢”,最近日本强盗在抢劫后对被害者说“谢谢”的案件不断增加,由于手法相似,警察怀疑是同一人作案。

  案件经过:
  前日、大阪市西成区太子のコンビニ「ファミリーマート山王店」に男が押し入り、カウンターにいた男性店員(22)にはさみを突きつけて「金を出せ」と脅した。男は男性店員にレジから出した現金約5万5000円を店のポリ袋に入れさせて奪い、「ありがとう」と言い残して逃走した。
  店には店員2人と客1人がいたがけがはなかった。西成署は強盗容疑で捜査している。
  付近では22日午後6時ごろ、同店から約500メートル離れたコンビニで、男が現金約8万5000円を奪う強盗事件が発生。その際も男は「ありがとう」と言い残すなど手口が似ており、同署は同一犯の可能性が高いとみて調べている。
  同署の調べによると、いずれも男は身長約165センチ。黒いジャンパーに白っぽいズボンをはいていた。
  这让我们想起了一个七里禅师的故事。
  强盗抢劫拿刀威胁他的性命,七里禅师说:“钱在抽屉里,自己拿,不过要留一点给我生活。”强盗拿了钱就要逃离,七里禅师说:“收了别人的东西,应该说谢谢。”强盗真的说了“谢谢”后才走。后来,强盗被捕,法警来取证,禅师说:他没有抢,是我自己叫他拿的,他也说谢谢了。这个强盗非常感动,出狱后就投到七里禅师门下,悔过修行。
  可见,七里禅师也改写了强盗的命运。