靖江日语-日本风情文化–《change》小气鬼和节约家的区别

核心提示:目的もなく、ただお金を貯めることはとても難しいことです。特にシングルの場合、使おうと思えば、すべて自分の思い通りに使ってしまうことのできるお金。 そこに歯止めをかけ

   目的もなく、ただお金を貯めることはとても難しいことです。特にシングルの場合、使おうと思えば、すべて自分の思い通りに使ってしまうことのできるお金。

  そこに歯止めをかけるためにこそ、お金を貯める目的が必要なのです。
  没有目的地存钱是一件非常困难的事情。特别是对于单身来说,那份钱是完全可以按照自己的意愿自由支配的,所以一旦想花,很容易花个精光。
  所以,为了抑制这种花钱的冲动,很有必要给自己找一个存钱的目的。
  目的もなくお金を貯められる人は確かにすごいけれど、それだけを目的に節約をするなんて、私から見れば、ただの“ケチ”。日頃どんなにかケチケチしているように見えても、自分の目的のために頑張っているなら、それはケチではなく“節約家”だ、と私は思います。
  ささやかなことでいいから、むしろささやかで実現可能な目的の方が現実味もあって、努力してみる気になるのではないでしょうか。
  能够没有目的地存钱的人,的确是厉害,但是这种为存钱而节约的做法,在我看来不过是“小气”。平时看起来再怎么小气,如果是在为自己的目的而努力的话,都不是吝啬而是“节约家”。
  即便是一件小事,也许正是因为事情比较小才有了实现的可能性,以至于更具现实性,使得我们更想试着努力一下。
  人の個性や考え方が様々なように、お金の使い方も人それぞれ
  端から見れば、ケチだったり無駄遣いだったりしても、本人が納得しているのならばそれでいい、と私は思います。
  就如人的个性、想法各不相同一样,钱的使用方法也因人而异。
  换个角度来想的话,我觉得不管是小气还是浪费,只要本人愿意的话,怎么都好。
  ただ、「お金がないからやりたいことができない」「無駄使いとは思うけれど、やめられない」…自分のお金の使い方に納得がいっていない人は、自分のお金を貯める目的について、一度しっかりと考えてみることをおすすめします。
  但是,“没有钱,所以无法做自己想做的事”“虽然知道是浪费,但是控制不住”…像这样对于自己的花钱方法并不认可的人,一定要认真思考一下自己的存钱目的。