靖江日语-日本风情文化–辣妹不是坏女孩(上)

核心提示:「ギャルの偏見や差別をなくしたい」 ギャル真っ盛りだった高校時代には色々な偏見を持たれ、差別も受けて来ました。 请不要用桃色眼镜眼镜来看辣妹们~! 当我还在高中时代的辣

 「ギャルの偏見や差別をなくしたい」

ギャル真っ盛りだった高校時代には色々な偏見を持たれ、差別も受けて来ました。

“请不要用桃色眼镜眼镜来看辣妹们~!”
当我还在高中时代的辣妹火热时期时就已受到各方的偏见与歧视了。

コンビニに入ると嫌な顔をされる、電車の隣に座席には誰も座ろうとしない…etc。

走进便利店时会发现别人朝我投来的厌恶表情,坐地铁时也没人愿意坐在我旁边。。。等

「何もしてないのに変な目で見られる」
「何か悪いことがあると自分たち(ギャル)のせいにされる」私もこういった気持ちを感じていた一人です。

“根本没干什么也会受到异样的眼光”
“不好的事情发生后都会怪罪在我们(辣妹)身上”我也是深感其意的一份子。

当時、偏見を持たれたり、差別を受けるうちに、多少躊躇はあったものの、自慢だった白髪(ハクハツ)を真っ黒にしました。社会に対しての自分なりの反発と言うのでしょうか。

当时,在不断受到偏见和歧视中,经过心中反复挣扎后终于把喜爱的白发(有些辣妹为了追求另类时尚故意把头发染成白色)染回黑色了。这也可以说是我用自己的方式回击了社会吧!

しかし、それまで白だった髪をいきなり真っ黒にする訳ですから、自分以上に周りが違和感を覚えたようです。

然而,由于一下子把长期以来的白发突然间染成了黑色,比起自己,周围的反响更大呢!

仲良しのギャル友からは「前の方が似合ってた!」と言われ、仲良しだったクラスの先生からも一言。

要好的辣妹友对我说:“还是以前的好啊~!”从关系好的班主任那里也得来了一句。

「何で真っ黒にしたんだ? 白髪だったのは、お前の”個性”だったのに”らしさ”がなくなったじゃないか!」と…。

“怎么突然变黑了呀?白发明明是你的‘个性’,现在的你连‘标志’都没有了啊!”。。。