靖江日语-日本风情文化–辣妹不是坏女孩(下)

核心提示:その時に、ハッっと思い知らされました。 那时的我似乎在一瞬间醒悟了。 個性やらしさというカテゴリーが、自分達の場合はギャルだったということ。要するに、自分達を表現す

 その時に、ハッっと思い知らされました。

那时的我似乎在一瞬间醒悟了。

“個性”や”らしさ”というカテゴリーが、自分達の場合は”ギャル”だったということ。要するに、自分達を表現する方法が”ギャル”だっただけであり、個性を出すための一つの

カテゴライズだったということ。

“个性”或者说“(一个人的)标志”对我们来说就是“辣妹”的存在。也就是说,“辣妹”是我们进行自我表达的方式,也是展现个性的一种渠道吧!

つまり、ギャルメイクやギャルファッションを可愛いと思い感じるのは、彼女達の自己表現の一つなのです。

觉得自己的化妆,打扮都很可爱是辣妹们自我表达的方式之一。

どんな”ギャル”でも、結局のところは、1人の女性であることには何ら変わりはありません。1人の人間だということ。

如论是哪一类“辣妹”,实际上也就是一个女生(女人)吧!我们同样也是一个“人”啊~!

もちろん、考え方や好みなどがそれぞれ異なるように、考え方は十人十色です。

当然,就如每个人的思维方式和喜好都存在着落差那样,人们的想法也是各不相同的。

ただ、彼女たちは、自分たちが偏見や差別を受けているからこそ、人に対して見た目で判断するというような”先入観”を持つことは少ないと思います。

辣妹们正因为自己受到来自他人的偏见与歧视,所以尽量不会以“先入之见”—外表来判断他人。

「我が身をつねって人の痛さを知れ」と言うことわざがあるように、痛みが分かるからこそ、他人に対し思いやりに溢れたギャルが多いのもその一つだと思います。

正如“己所不欲勿施于人”所说的那样,因为我们了解这份“痛苦”,所以会有许多懂得体谅,关怀他人的辣妹。

―――「自分が”ギャル”っていう”先入観”で判断されたくないから、誰に対しても”先入観”は持たないようにしてるよ!」―――17歳のギャルが私に伝えてくれた言葉です。

―――一个17岁的辣妹曾对我说过,“正因为不想让他人用“辣妹”来断定我,所以我也努力不用“先入之见”来看待他人!”