靖江日语-日本风情文化–日本理科小说作家

核心提示:最近のベストセラーでは、天才物理学者が活躍する『容疑者Xの献身』や、医療現場が舞台の『チーム・バチスタの栄光』が記憶に新しいですね。両作品とも、著者は理系の出身。小

 最近のベストセラーでは、天才物理学者が活躍する『容疑者Xの献身』や、医療現場が舞台の『チーム・バチスタの栄光』が記憶に新しいですね。両作品とも、著者は理系の出身。小説って文系のイメージが強いけど、小説を書くのに文系・理系って関係あるの?

最近的畅销书中,天才物理学家为主角的《嫌疑犯X的献身》,以及以医疗现场为舞台的《Batista团队的荣耀》令人记忆犹新。两部作品的作者均是理科出身。人们脑海中小说是文科的东西,那么写小说和文、理科有关系吗?

理系なのに小説家ってどういうコト?
「書き方は人それぞれだとは思いますが、小説を書くときに、全体の構造から考えて断片的に書くようなやり方は理系的だと思います。一般的には頭から書いていくものですが、彼らはまず設計図を作っておくので、どこからでも書けるのだそうです」(評論家・大森望さん)

理科出身的小说家是怎么回事?
“虽说写法因人而异,但理科的写法是先考虑好全局再分部分写。一般都是从头到尾按顺序写,但他们会先做一个设计图,所以从哪儿写起都可以”(评论家 大森望)

理系ならではの論理的な思考は、物語を組み立てるうえでも生きていたんですね。そもそも、科学者は頻繁に論文などを書いているので、文章を書くことは慣れているのだそう。

正是理科的逻辑思考,故事的结构方面也会很生动。科学家本来就经常写论文,所以已经习惯写文章了吧。