靖江日语-日本风情文化–表达感动的三大危险词汇

核心提示:面白い映画を見た時、おいしい料理を食べた時、かわいい子犬に出会った時。日常生活の中で様々な「感動」にめぐり合うことってありますよね。それをメールやブログなどで誰か

   面白い映画を見た時、おいしい料理を食べた時、かわいい子犬に出会った時。日常生活の中で様々な「感動」にめぐり合うことってありますよね。それをメールやブログなどで誰かに教えたい!だけどいつも同じ表現になってしまう…そんな方はこの事を意識して暮らしてみて下さい。少しずつ表現の幅が広がってきます。

  当你看完一部有趣的电影,当你吃了一餐美味的饭菜,当你碰见一只可爱的小狗。日常生活总会遇到这样或那样的“感动”。想要通过邮件或博客来与某人分享,然而表达出来的效果却很普通。如果您有这样的问题,建议在生活中有意识的克服下面的问题。这样就会使表达变得丰富起来。
  ★「すごい」「マジ」「やばい」を禁止
  禁用「すごい」(好厉害)「マジ」(真的)「やばい」(不妙啊)
  「すごい」「マジ」「やばい」の3つの言葉をなるべく使わないように心がけましょう。
  「すごい」(好厉害)「マジ」(真的)「やばい」(不妙啊)这三个词,要注意尽量不用。
  たったのこれだけです。
  这样做到这点就行了。
  この3つの言葉は、いろいろな感動を表わすことが出来る便利な言葉です。便利故に他の言葉を使わなくなってしまいます。
  这三个词用起来很方便,可以表达很多种感动的意思。也正因为有这样方便的词,所以很少用其他的词。
  そこで、この3つの言葉を禁止します。すると別の表現を選ばざるをえなくなります。頭をひねって違う表現を考えることで、自然と感動を表現する言葉が増えていきます。
  所以要禁止用这三个词。这样一来,就必须选择其它的表达方式。绞尽脑汁来想不同的表达,描写自然和感动的词汇就会增加。
  年配の方にはこの3つの言葉を嫌っている方もいらっしゃいます。これを気をつける事で耳当たりのよい日本語になるはずです。是非お試し下さい。
  有些年长的人很讨厌这三个词。对这点加以注意,就可以让我们的日语听起来更顺耳。所以请一定尝试一下。