靖江日语-日本风情文化–如何正确握手和鞠躬

核心提示:両者とも挨拶として行われる一方、お辞儀は相手への敬意を表し、握手は親睦・和解の表現として行われるという微妙な違いがあります。 虽然两者都是寒暄的一种方式,但鞠躬是表

 両者とも挨拶として行われる一方、お辞儀は相手への敬意を表し、握手は親睦・和解の表現として行われるという微妙な違いがあります。

虽然两者都是寒暄的一种方式,但鞠躬是表现对对方的敬意,而握手则是亲睦・和解的表现,有微妙的差别。

お辞儀には「立礼〔りつれい〕」、「座礼〔ざれい〕」の2種類があり、また礼の深さで分類すると「最敬礼」「敬礼」「会釈」の3種類があります。「礼三息〔れいさんそく〕」という言葉があり、息を吸いながら腰から上を前に倒し、止まったところで息を吐き、そして再び息を吸いながら元の姿勢にもどります。これをすると大変丁寧な印象を与え、また自分自身の精神状態を落ち着かせる効果もあるようです。

鞠躬分“站礼”“座礼”2种,按行礼的深度又分为“最敬礼”“敬礼”“打招呼”3种。有“礼三息”这种说法,边吸气边从腰部向前鞠躬,停住的时候呼气,并且再次边吸气边回归原来的姿势。这么做给人以特别郑重的印象,也有稳定自己的精神状态的作用。

また握手は、一般的に右手で立って行うのが一般的です。日本人の中には座りながら握手をする人がいるかもしれませんが、これは本場西洋では行われないようです。

另外,握手时一般要伸出右手。或许有坐着握手的日本人,但好像这种方式在发源地西洋并未在被使用。