靖江日语-日本风情文化–如何让肌肤有美丽变化(上)

核心提示:女は他の女の変化に敏感な生物である。髪型やお化粧の仕方を変えたとき、新しい服を買ったとき、彼氏よりも早く、そして確実に気付いてくれるのは、仲のいい女友達かもしれな

 女は他の女の変化に敏感な生物である。髪型やお化粧の仕方を変えたとき、新しい服を買ったとき、彼氏よりも早く、そして確実に気付いてくれるのは、仲のいい女友達かもしれない。会社員の順子さん(仮名·31歳)は、女友達のこんな一言で、それを実感したという。

女人是一种对其他女人的变化很敏感的生物。换发型、改变化妆方式及买了新衣服的时候,关系要好的女性朋友恐怕会比男友更早注意到。据说公司职员顺子(假名,31岁)听闺密说下面这句话,就马上实际体验到了。

「何だか今日、お化粧のノリがいいね。何かいいことあった?」

“总觉得你今天的化妆特别自然呢,发生什么好事了吗?”

そう言われて鏡を見てみると、なるほど、確かにいつもより肌に張りがあるように見える。とは言っても、特にいいことがあったわけでもないし…と考えて、思い当たったのが、前夜のこと。

她闻言立马照了镜子,果然,确实皮肤看起来比平时更有弹性。可话是这么说,也没啥特别的好事……这么想着,于是想起了前天晚上的事情。

「合コンに行ったんですが、そのお店に、『コラーゲン入り』と書かれた料理があったので、女子が盛り上がって注文したんです。お肌の調子がいいのは、それしか考えられない」

“我那天去了联谊会,店里有种写着‘含骨胶原’的菜,女孩子们都争先恐后的要点这道菜。皮肤变光滑的原因,也只能想到这个了”

コラーゲンってすごいんだなあと思った、と順子さん。最近、食品や飲料、化粧品など、コラーゲン入りの商品が幅広く販売されているが、そもそもコラーゲンとは何なのだろう? 「仕事メシ入門」など、栄養学に関する著書がある神奈川県立保健福祉大学の栄養学科教授·鈴木志保子先生に聞いてみた。そもそも、コラーゲンとは何なのだろうか?

顺子当时就想骨胶原还真是不得了啊。近来食品、饮料和化妆品等含骨胶原的商品大肆贩卖,那么骨胶原倒是什么东西呢?我就此询问了著有《工作饮食入门》等营养学相关书籍的神奈川县立保健福利大学营养学科教授铃木志保子老师。骨胶原到底是什么玩意儿啊?

「コラーゲンは、簡単に言えばタンパク質の一つで、皮膚や筋肉、髪や骨、軟骨など身体のさまざまな場所に存在します」

“简单来说,骨胶原就是蛋白质的一种,存在于皮肤、肌肉、头发、骨头以及软骨等身体的各种地方”

ということは、食べたり飲んだりしたコラーゲンは、そのまま皮膚や髪に送られるということ?

这就是说吃喝进去的骨胶原会直接运送到皮肤和头发里去吗?

「いえ、コラーゲンを食べたり飲んだりしても、そのまま身体に吸収されるわけではないんです。タンパク質はアミノ酸が結合してできているものですので、コラーゲンを私たち食べると、消化され、アミノ酸として吸収されるんです」

“不,即使吃、喝骨胶原,也不会直接被身体吸收。由于蛋白质是氨基酸相互结合形成的,我们吃下骨胶原后,经过消化,然后以氨基酸的形式被吸收”