靖江日语-日本风情文化–残る桜 散る桜

核心提示:【精美原文】 花筏 残る桜 散る桜 水面に桜の花びらが舞い散って、筏のように流れていくそんな様子を花筏といいます。美しい春の風景ですね。 咲いている花を愛でることは誰で

   【精美原文】   花筏 · 残る桜 散る桜   水面に桜の花びらが舞い散って、筏のように流れていく…そんな様子を花筏といいます。美しい春の風景ですね。   咲いている花を愛でることは誰でもしますが、散る花、散った花を愛でる人は少ないかもしれません。   桜吹雪、花の雨、飛花、そして葉桜…   その時々の桜を、人々は言葉に写して、愛してきました。   どんな姿になろうと、桜であることに変わりないのです。   ~散る桜 残る桜も 散る桜~   良寛和尚の辞世の句の一つです。   そう、みんな桜。咲こうとも散ろうとも、愛すべきさくらです   【词汇空间】   1.筏(いかだ):木排;木筏(名)   2.愛(め)でる:喜爱(他一)   3.桜吹雪(さくらふぶき):形容樱花粉粉飘落的样子(名)   4.葉桜(はざくら):樱花落后生出新芽的樱枝(名)   5.辞世(じせい)の句(く):临终绝句(名)   【美丽译文】   花筏 · 落樱 飞樱   樱花花瓣随风飘洒,落于水面,犹如樱花做成的木筏,顺水漂流……这就叫做“花筏”。   这是春天的一幅美景。   樱花吹雪,樱花雨,飞花,还有那落花吐绿的樱枝……   人们渐渐将此时的樱花也付诸笔墨,怜爱起来。   是啊,樱花,无论他处于何事何节,樱花永远都是樱花。   良宽和尚的辞世诗句中写道:   “枝头,空中,终须落,皆樱花。”   是啊,皆樱花。盛开枝头也好,飘舞空中也罢,都是让人怜爱的樱花。