靖江日语-日本风情文化–空から降ってきた花

核心提示:【精美原文】 満天星 空から降ってきた花 夜空いっぱいの星を満天の星といいますが、植物の満天星というと、つつじの一種のことです。 なぜ「どうだん」と呼ばれるかというと、

 【精美原文】

満天星 · 空から降ってきた花


夜空いっぱいの星を満天の星といいますが、植物の満天星というと、つつじの一種のことです。

なぜ「どうだん」と呼ばれるかというと、枝ぶりが、昔、家庭で使っていた「灯台」と呼ばれる灯明台に似ているところから。「とうだい」から「どうだん」に変化したということです。

また、中国語でつつじをさすdu juanのおとが「ドウダン」に似ているからという説もあります。

中国の太上老君が誤って天から霊水をこぼし、この木にかかって、壷状に固まり、満天の星のように輝いたという伝説の木です。

鈴蘭のような白い花がいっぱい咲いていて、まさに空から降ってきた小さな星。

太陽の光にさえ、キラキラ輝いて、本当に天からの贈り物のようです。

【単語】 

満天星(どうだんつつじ):满天星花(名)

つつじ:杜鹃花(名)

枝ぶり(えだぶり):树枝形状(名)

誤る(あやまる):失误,弄错(他五)

こぼす:洒,撤(他五)


【美丽译文】

满天星·花从天降

满天星,原指缀满天空的点点繁星。花中亦有名为“满天星”的品种,是属于杜鹃花的一类。

“满天星”又名“灯笼花”。据说是因为它的花枝造型如同旧时家里用的灯笼而得名。

还有一种中国古老传说,是说太上老君不小心将天上的灵水洒落在树上,凝成勒灯笼形状,宛如满天繁星闪闪发光,“满天星”因此而得名。

即便是在白昼,也迎着耀眼的阳光,努力的绽放自己的光彩。这真是上天给予我们的一个美丽的馈赠啊!