靖江日语-日本风情文化–令人眼花缭乱的地铁

 在日本东京,地铁等轨道交通是格外发达,每天乘地铁的上班族人数就要超过636万,可以说地铁已经成为人们生活中离不开的一个重要工具。像银座等很繁华的地段,基本上每个十字路口都能看到地铁入口,各大楼层建筑下基本也都有地铁轨道经过,所以可想而知,地铁线路是多么的密集!   初到日本,不要说是外国人了,就连日本人要完全搞清楚这些线路,还要花些时间呢。但是,没关系,如果能够掌握一些关于乘坐地铁的小技巧,也就没那么复杂了~   テクニックその一:「地下鉄はカラフル」色で識別する方法   技巧一:地铁线路的颜色区分法   東京メトロは、乗客が識別したり記憶したりするのに便利なように、それぞれの路線に色を割り当てている。路上にある駅の表示にも、自動券売機の上の路線図にも、車両にも決まった色が使用されているのだ。そこで、出かける前に行く先の駅名を確認して、路線図にあるその路線の色を覚え、色に従って歩いていけば、駅で他の路線に乗り換える場合でも間違えることはない。以下の最もよく使う路線の色を覚えておいてほしい。【銀座線】ァ§ンジ【丸ノ内線】赤、【日比谷線】グレー、【千代田線】緑。   东京的地铁为了让乘客能够容易识别和区分,每条线路都标上了不同的颜色。每个车站、自动售票机上的线路图以及地铁车身都会用不同颜色标明。所以,出行前把站点确认好,记住线路图中的线路颜色,跟着指定颜色走的话,在换乘时也不会搞错了。可以先记住一些比较常用的路线颜色:【銀座線】橙色,【丸ノ内線】红色,【日比谷線】灰色,【千代田線】绿色。   テクニックその二:「漢字がいっぱい」文字で道を知る方法   技巧二:日汉字推测路名法   色によって複雑な路線を簡単に識別することができるが、路線よりもっと複雑なものがある。それは、駅構内の巨大な商業施設である。広い駅の中に様々なショップが設置されているのが、東京メトロの特色のひとつだ。飲食店、書店、ファッションブティックなど、時間に余裕がある観光客にとって、これらを見てまわらないのはもったいない。しかし錯綜した地下街を楽しく歩き回った後、帰り道がわからなくなる観光客は非常に多い。幸い、地下鉄内の案内板の多くは漢字で書かれている。例えば都庁の方向を示す案内板には、中国人観光客なら一目でわかる「都庁方向」という漢字がある。そこで、歩きまわりながら、途中の漢字の表示を覚えていけば、日本語がわからなくても、来たときの道を簡単に覚えることができるのだ。   的确我们可以根据颜色来区分不同的线路,但还有比它更复杂麻烦的东西,就是地铁站里各种大型商业设施。宽敞的地铁站里有许多商铺,这也是东京地铁的一大特色,比如饮食店、书店、时尚小店等等,对于那些有闲暇时间的乘客来说,不去逛逛就可惜了。但是,有许多乘客逛完后常常找不到返回的路。幸好,许多地下铁的提示板都是用日汉字来写的,比如指示都厅方向的提示板上会写“都厅方向”,中国的游客一看就能懂。而且,一边走就能一边记这些汉字,即使没学过日语,也能记住一些自己到过地方的路名了。   テクニックその三:「文化交流してみよう」質問して解決する方法   技巧三:文化交流~提问解决法   本当に道に迷ってしまっても、慌てることはない。東京メトロの駅構内には、制服を着た職員がたくさんいる。行きたい場所を漢字で書いて、堂々と道をたずねてみよう!   真要是迷路了,也不要慌。在东京地铁站内有许多身着制服的工作人员,把要去的地方用汉字写下来,大胆地问问路吧!