靖江日语-日本风情文化–日本人睡不着数什么?

「眠れないときは、羊を数えるとよい」と言われ、医学者までが「単調なことを心に思い浮かべると眠気を誘う」などとお墨付きを与えるものだから、誰でも一度は試したことがあると思うのだが、医学者は医学の専門家であっても、比較文化学の専門家ではない。たいていの日本人にとって、羊は画像でしか馴染みのない動物なのである。日本人は羊を数えては眠れないのである。それどころか、かえって目が冴えてしまうのである。日本人は羊そのものをイメージするために、かえって脳に緊張を与えてしまうということを見逃しているのである。   常言道“睡不着时数羊就行”,医学家也强调“心里浮现单调的事情能让人萌生睡意”,所以任何人都应该尝试过,可医学家毕竟只是医学专家,不是比较文化学专家。对于大多数日本人来说,羊是只能在图像中看到的动物。日本人数羊反而睡不着。非但如此,头脑会更加清醒。医学家们忽略了一点:日本人为了想象羊这种动物,反而会让大脑更加紧张。