靖江日语-日本风情文化–日语中的“々”怎么读

「人々」とか「佐々木」とか…「々」って何て読むの?

“人々”和“佐々木”等…“々”怎么读?

正解は…「読み方なし」なんです。すみません、意地悪なクイズでした。そもそも、よく考えてみると「人々」の場合は「びと」と読みますし、「代々木」の場合は「よ」と読みますから、その時によって読み方が変わりますよね。

正确答案是……“没有读法”。抱歉,提了个忽悠人的问题。实际上好好想想就会知道“人々”这个词里读成“びと”,而在“代々木”这个词里则读成“よ”,所以在不同词语中读法也会变化。

この「々」は「人人」→「人々」といったように漢字を繰り返すときに使われています。つまり、「々」は漢字ではなく(!)、漢字を繰り返すときに使用される記号なのです。ずっと漢字だと思っていましたが、漢字ではないので漢字辞典にも載っていなく、読み方がないのです。

这个“々”在“人人”→“ 人々”这种表示汉字重复时使用。也就是说,“々”并非汉字(!),而是在汉字重叠时使用的符号。我还一直以为是汉字来的,原来不是汉字,难怪汉字辞典上没有收录,也没有读音了。

この記号は、「繰り返し記号」「踊り字」などと呼ばれ、ほかにも「ヽ」「ヾ」「ゝ」「ゞ」「〃」などがあります。詳しくはランキングをご覧ください。

该符号叫做“重复记号”或“叠字符号”,另外还有“ヽ”“ヾ”“ゝ”“ゞ”“〃”等形式。详见排行。

と、ここでひとつ疑問が…。「奈々」ちゃんとか「菜々子」ちゃんとか、名前に「々」を使っているケースもありますが、漢字じゃないですけど大丈夫なんでしょうか?法務省に問い合わせてみると、現在は「々」「ゝ」「ゞ」「ー」の4種類の符号に限り、特別に子の名前として使用が認められていました。ただし、名前の頭に「々」などを使ってはいけないそうです。

这里我有个疑问……像是“奈々”和“菜々子”等“々”用于名字的情况也有,不是汉字没关系吗?就此咨询了法务省,知道现在仅限于使用“々”“ゝ”“ゞ”“ー”4种符号,特别允许用于孩子名字的情况。不过,据说“々”不能用于名字开头。