靖江日语-日本风情文化–忆初入职场系列之收入篇

初めて手にした収入だからこその使い道は何でしたか?  皆さまの「はじめて手にした収入だからこその使い道」の1位は、年代?性別を問わず「親にプレゼントを贈った」(44.5%)でした。大人になった第一歩に、これまで育ててもらった感謝をこめて親に何かを贈りたいという気持ちは、昔も今も変わらないようです。  初次到手的收入怎么用的?  大家“初次到手的收入用途”第1名(不分年龄、性别)是“买礼物送给父母”(44.5%)。作为长大成人的第一步,为了表达对长久以来养育自己的父母的感谢,而想要送什么礼物的心情,从古至今都没有改变。  ■他にもこんなご意見がありました  ■此外还有下述意见  亡くなった祖父が好きだったあんまんを、仏壇に供えた(30代,女性)  在过世的祖父灵前供上了他生前爱吃的豆沙包(70后,女性)  全額で通勤用のバイクを買った(29歳以下,男性)  全拿去买了骑着上班的摩托(29岁以下,男性)  封を切らずに親に渡して、その中から小遣いをもらった(60代,男性)  没开封就直接交给父母,然后他们从里面给了我零花钱(40后,男性)  背広が1着しかなかったので、予備の背広を買った(50代,男性)  由于只有一套西装,就又买了套备用的(50后,男性)  職場の人々に感謝の贈り物をした(40代,男性)  买了谢礼送给公司的同事(60后,男性)