靖江日语-日语“回文”

 回文(かいぶん)とは、始めから(通常通り)読んだ場合と終わりから(通常と逆に)読んだ場合とで文字や音節の出現する順番が変わらず、なおかつ、言語としてある程度意味が通る文字列のことで、言葉遊びの一種である。英語では palindrome という。 所谓的“回文”,就是指:不管是按照正常顺序从头开始读,还是倒着读,文字和音节的出现顺序都不变,而且在一定程度上意思也通顺的文字列,属于文字游戏的一种。在英文中称作palindrome 。 ヘルクラネウムに「Sator Arepo Tenet Opera Rotas」という回文がある事から、回文の起源は少なくとも紀元79年まで遡る事ができ、英語では「Madam, I’m Adam」(マダム、私はアダムです)のような例が知られている。日本でも「磨かぬ鏡」「竹藪焼けた」など、言葉遊びとして古くからいくつもの例があります。 在赫基雷尼亚城(Herculaneum)有这样一句回文“Sator Arepo Tenet Opera Rotas”,由此可推断回文的起源至少在公元79年前,英文中较出名的例子是“Madam, I’m Adam(女士,我是亚当)”。而日本也有一些自古流传下来的文字游戏,例如“磨かぬ鏡(没有打磨的镜子)”“竹藪焼けた(竹林着火了)”。 注:Sator Arepo Tenet Opera Rotas——大意为“阿列波,那播种的人,把旋转的轮子抓住”。 回文は前読んでも後ろから読んでも意味が同じものだが、これに対し「gateman」(後ろから読むと「name-tag」)のように前から読んだ場合と後ろから読んだ場合で意味が変わるものをsemordnilap(シモードニラップ)と呼ぶ。これはpalindromes(=回文)を後ろから読んで作られた造語で、「semordnilap」という単語自身がsemordnilapの例になっている。この言葉は論理学者のDmitri A. Borgmannによって作られたとされている。 回文不管是顺着读还是倒着读两者意思都是一样的,而与之相对的,像“gateman(倒着读是name-tag)”这样,两者意思不同的,称为“回字(semordnilap、シモードニラップ)”。这个词是将回文的单词“palindromes”倒过来后造出的新词,其本身就是一个活生生的例子。据说这个词是由逻辑学家Dmitri A. Borgmann 发明的。 日本語回文のルールとして、濁音、半濁音、促音、拗音は清音と同一として考えることが多い。すなわち、「は行」と「ば行」と「ぱ行」、「つ」と「っ」、「や」と「ゃ」などは逆から読んだ際に発音が入れ替わっても問題はない。ただし、回文作家 の中にはこれを嫌い、発音まで完全に回文にすることにこだわる者もいる。 日语中回文有以下规律:大部分情况下,浊音、半浊音、促音、拗音等和清音视为一样。也就是说,“は行”、“ば行”和“ぱ行”,“つ”和“っ”,“や”和“ゃ”等等在倒着读的时候发音可以相互替换。只不过,在回文作家中,也有人不喜欢这种,坚持连发音都要做到工整。 日本語の回文といえばふつう、かな表記の回文をさす。ローマ字表記日本語の回文については、高木茂男 (1976). 数学遊園地. 講談社に例が見える。漢字表記では日本語の文章として成立しないので、単語(特に固有名詞)で回文とみなすこともある。 日语中说到回文,一般指的是假名标示的回文。罗马字标示的回文在高木茂男作品《数学乐园》(1976年讲谈社发行)中能见到例子。而使用汉字标示的话在日语中作为句子不成立,所以有时候将单词(特别是固有名词)看做回文。 日语回文例 ● 夜にんじんにんじんにんじん煮るよ(ヨルニンジンニンジンニンジンニルヨ) ● にわとりと小鳥とワニ(ニワトリトコトリトワニ) ● 理科係(リカガカリ) ● 神か?狼か?(カミカオオカミカ) ● 痛いかい?解体(イタイカイカイタイ) ● わたし負けましたわ(ワタシマケマシタワ) ● 世の中馬鹿なのよ(ヨノナカバカナノヨ) ● 今朝、おいしいおでんで、おいしいお酒 (ケサオイシイオデンデオイシイオサケ) ● いかうどん、うまい!母いま運動会。 (イカウドンウマイハハイマウンドウカイ) ● そこォ!横向きに歩いている兄貴婿!よおこそ。 (ソコオヨコムキニアルイテイルアニキムコヨオコソ)