靖江日语-日本概况-日语月份别称・長月(ながつき)

長月(ながつき)    長月の語源は諸説あり、新暦の十月上旬から十一月の上旬にあたり、夜がだんだん長くなる「夜長月(よながつき)」の略とする説がある。その他、雨が多く降る時季であるため、「長雨月(ながめつき)」から「長月」になったとする説。「稲刈月(いなかりづき)」「稲熟月(いなあがりつき)」「穂長月(ほながづき)」の約や、稲を刈り収める時期のため、長月の「長」は稲が毎年実ることを祝う意味からといった説。「名残月(なこりのつき)」が転じたとする説などもある。この中でも「夜長月」の略で「長月」になったとする説とする説は、中古より広く信じられている説で、最も有力とされている。       「长月]指的就是阴历9月。关于“长月”的来源有众多说法,其中有说是“夜长月”的简略说法。新历的十月上旬到十一月上旬,夜晚变得渐渐长了。另外还有说法是因为是多雨的季节,由“长雨夜”演变过来的。有这是“割稻月”,“稻熟月”,“长穗月”的简略说法,因为是稻子收割的时期,“长月”的“长”说是表示祝愿每年都能稻谷丰收的意思。也有说是从“名残月”这个词演变过来的说法。在这些词中“长夜月”的缩写“长月”是比较古老并且被大多数人所相信,最有说服力。