靖江日语-日本概况-春分

春分

春分の日(しゅんぶんのひ)は春分が起こる日である。日本の国民の祝日の一つ。1948年公布?施行の国民の祝日に関する法律(祝日法)によって制定された。祝日法では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としている。1947年までは、春季皇霊祭という祭日だった。仏教各派ではこの日「春季彼岸会」が行われ、宗派問わず墓参りをする人も多い。毎年3月21日ごろ。太陽が黄経0度の春分点を通過する日で、真東から出、真西に沈む。昼夜の時間がほぼ等しく、二十四節気の一つ。春の彼岸{ひがん}の中日にもあたる。宮中では春季皇霊祭がこの日行われ、1948年(昭和23)国民の祝日となる前は、同名の国の祭日であった。