靖江日语-日本概况-七五三

七五三

七五三(しちごさん):11月15日に行われる、子供の成長を祝う習俗。七五三と称することは近世に始まったことで、三歳の男女児の「髪置{かみおき}」、五歳の男児の「袴着{はかまぎ}」、七歳の女児の「紐落{ひもおとし}」を行った。髪置というのは、生児の髪は剃{そ}っているが、この日から髪を剃らずに残すことにすること。紐落は「帯解{おびとき}」ともいい、それまで付け紐で着ていた着物を帯で締めるようにすること。これらの祝儀は公家{くげ}や武家の間に主として行われたが、近世になると江戸の町民の間にも行われ、氏神をはじめ赤坂山王社、神田{かんだ}明神などに参詣{さんけい}するようになった。しかし七五三の名でこの祝いが盛んになったのは明治時代の東京においてで、今日みるように子供に晴れ着を着せ、千歳飴{ちとせあめ}など買って帰ることが行われるようになった。