靖江日语-日本概况-和服

和服

日本在来の衣服で、近年来、日本の民族衣装とよばれているものの総称である。明治に西洋の衣服が輸入され、これを洋服とよんだ。これに対して従来の日本の衣服を和服とよぶようになった。一般に和服といえば「着物」という印象で、和服=着物の同義語として用いられている。和服は日本で発達した衣服で、広義には日本で古くから用いられてきた様式の衣服すべてをさすが、狭義には長着、羽織、帯、長襦袢{じゅばん}、肌襦袢、裾除{すそよ}け、コート、男子にはさらに袴{はかま}、褌{ふんどし}を含み、ほかに和装具として足袋、履き物などが加わる。