靖江日语-日本概况-筝曲

筝曲

箏は、前後にアーチのかかった横に細長い板状で内部が中空の胴に、13本の絃を渡して柱(じ)を用いて張り音程を調節し、奏者の右手に嵌めた爪(義甲)によって絃をはじいて音を出し演奏する楽器である。箏曲(そうきょく)は、箏(そう)つまり「こと」の音楽。特に現代では近世に発達した俗箏による音楽を指す場合が多く、大きく生田流箏曲と山田流箏曲に分かれる。三曲のひとつ。また、よく合奏される地歌(地歌)も含めた音楽ジャンルとみなされる場合もある。