靖江日语-日本概况-浮世绘

 浮世絵(うきよえ)

(浮世、すなわち当世の風俗、世態、人事を題材にした絵の意) 江戸時代の日本絵画の一つ。室町、安土桃山時代の狩野・土佐派の風俗画の影響を受けて起こる。初めは遊里、芝居、のち一般風俗、風景、役者などを広く扱い、肉筆画と木版画がある。特に版画は菱川師宣に始まり一色刷から錦絵に発展。鳥居清信、勝川春章、喜多川歌麿、葛飾北斎、安藤広重などが代表的作家。明治時代以後衰えたが、版画は西洋の近代絵画、特にフランスの印象派に大きな影響を与えた。江戸絵。