靖江日语-日本概况-雅乐

雅乐
雅楽(ががく)は、(雅正の楽舞の意) 元来は祭祀用楽舞を指したが、後には饗宴用楽舞をも含めての宮廷の楽舞の総称。国風歌舞くにぶりのうたまい・外来楽舞・歌物うたいものに大別される。国風歌舞は、神楽かぐら・東遊あずまあそび・久米舞くめまいなど、日本古来の皇室系・神道系の祭祀用歌舞。外来楽舞は唐楽とうがくと高麗楽こまがくとから成る宮廷の饗宴用楽舞で、平安初期までに伝来した楽舞に基づく。歌物は平安中期ごろ成立の饗宴用の声楽曲で、催馬楽さいばらと朗詠ろうえい。狭義の雅楽は外来楽舞を指す。