靖江日语-日本概况-茶道

茶道

茶道(さどう、ちゃどう)とは、茶の湯によって精神を修養し、交際礼法を究める道。室町時代、村田珠光を祖とし、武野紹鴎を経て、千利休に至ってこれを大成、禅の精神を取り入れ、簡素静寂を本体とする侘茶わびちやをひろめた。利休の子孫は、表千家・裏千家・武者小路千家の3家に分れて今に伝わり、その他門流多く、三斎流・織部流・遠州流・藪内流・石州流・宗流・庸軒流などの分派を生じた。さどう。