靖江日语-日本概况-源氏物语

源氏物语

源氏物語(げんじものがたり)は平安時代中期に成立した日本の長編物語、小説。物語は母系制が色濃い平安朝中期(概ね10世紀頃)を舞台にして、天皇の皇子として生まれ、才能や容姿ともにめぐまれながら臣籍降下して源氏姓となった光源氏の栄華と苦悩の人生、およびその子孫の人生を描く。通説とされる三部構成説に基づくと、各部のメインテーマは次のようになるとされ、長篇恋愛小説として間然とするところのない首尾を整えている。。物語としての虚構の秀逸、心理描写の巧みさ、筋立ての巧緻、あるいはその文章の美と美意識の鋭さなどから、しばしば「古典の中の古典」と呼ばれ、日本文学史上最高の傑作とされる