靖江日语-日本概况-万叶集

万叶集
『万葉集』(まんようしゅう、萬葉集)とは、(万世に伝わるべき集、また万よろずの葉すなわち歌の集の意とも) 現存最古の歌集。20巻。仁徳天皇皇后の歌といわれるものから淳仁天皇時代の歌(759年)まで約350年間の長歌・短歌・旋頭歌せどうか・仏足石歌体歌・連歌合せて約4千5百首、漢文の詩・書翰なども収録。編集は大伴家持おおとものやかもちの手を経たものと考えられる。東歌あずまうた・防人歌さきもりうたなども含み、豊かな人間性にもとづき現実に即した感動を率直に表す調子の高い歌が多い。