靖江日语-日本概况-農林水産省

農林水産省 農林畜産水産業の改良発達および農山漁家の福祉の増進ならびに国民食糧の安定的供給を図り、もって国民経済の興隆に寄与することを目的として特定の行政事務および事業を一体的に遂行する行政機関。その長は農林水産大臣。1925年(大正14)農商務省が農林省と通商産業省の前身たる商工省に分割され、以後、農商省を経て、戦後の1945年(昭和20)農林省として独立し、78年に農林水産省となる。同省の任務は、農林畜水産業に不可欠な自然環境をはじめ、農漁民が安心して生産にいそしめる諸条件を保全・整備することによってわが国の農林畜水産業の振興を図るとともに、国民に対して食糧の安定的な供給を確保することにある。その所掌事務は、農林畜水産物・飲食料品・油脂および農林畜水産業専用物品の生産の増進、流通および消費の規制、品質の向上、農林畜水産業に関する試験研究の実施・指導等、国有林野事業の実施、農林畜水産業および農山漁家に関する調査統計、農山漁家の生活改善、社会的・経済的地位の向上促進、土地改良事業の実施、農業共済再保険・漁船再保険・中小企業融資保証保険・漁業共済保険・森林保険、中央競馬・地方競馬の監督などである。農林水産省の前記のような基本的任務を遂行するために、本省の内部部局として大臣官房および経済局、構造改善局、農蚕園芸局、畜産局、食品流通局の五局が、また本省の特別の機関として農林水産技術会議、施設等機関として各種試験研究・検査機関および研修・教育機関(計25)、審議会等として、農政審議会、農林物資規格調査会など(計14)、ならびに地方支分部局(地方農政局および北海道統計情報事務所)が置かれ、さらに外局として食糧庁、林野庁および水産庁が置かれている。