靖江日语-日本概况-宫内厅

宫内厅

宮内庁(くないちょう、英訳名:Imperial Household Agency )は、日本の行政機関の一つ。総理府の外局。内閣総理大臣の管理に属し、皇室関係の国家事務および政令で定める天皇の国事に関する行為にかかる事務をつかさどり、御璽{ぎよじ}・国璽{こくじ}を保管する行政機関。長官官房および部のほか、侍従職(御璽・国璽の保管、側近および内廷にある皇族に関する事務を行う)、東宮職(皇太子に関する事務)、式部職(儀式などに関する事務)がある。宮内庁長官の任免は、内閣総理大臣が行い天皇が認証する。宮内庁次長(長官を助け、庁務を整理し、各部局の事務を監督する)および宮内庁長官秘書官(長官の命を受け、機秘の事務をつかさどる)がそれぞれ1名置かれる。施設等機関として正倉院事務所、御料牧場、地方支分部局として京都事務所が置かれる。宮内庁の前身は1869年(明治2)に設置された宮内省であるが、1947年(昭和22)の宮内省の廃止とそれに伴う宮内府の設置を経て、49年に現在の宮内庁となった。