靖江日语-日本概况-珍珠港战役

珍珠港战役 真珠湾攻撃(しんじゅわんこうげき)、1941年(昭和16)12月8日午前3時20分(現地時間7日午前7時50分)、日本海軍の機動部隊が、ハワイのオアフ島真珠湾にあるアメリカ太平洋艦隊の基地に加えた奇襲攻撃。攻撃時に、日本側は交渉打ち切りの最後通告をアメリカ側に手交してもおらず、そのため日本のだまし討ちとされた。アメリカ議会は同日一票を除き全会一致で対日宣戦布告を可決した。太平洋戦争開始のきっかけとなったこのハワイ作戦計画は、41年そうそうから山本五十六{いそろく}連合艦隊司令長官の下で練られ、攻撃部隊は11月26日、千島の択捉{えとろふ}島単冠{ひとかっぷ}湾を進発し、攻撃は航空機と特殊潜航艇で行われ、出航中の航空母艦を除きアメリカ太平洋艦隊を全滅させた。海上兵力に対する航空兵力の優位を示した事件でもある。